引きこもりが正社員になるのは無理ゲー?それは大きな勘違い

「ニートは正社員になれない。無理ゲー・・・」

そんな風に諦めていませんか?

私も過去に就活に失敗して「正社員はもう無理・・」「正社員、無理ゲー過ぎ・・」
と悲観していた時期がありました。
しかし、それは思い過ごしであって、実際はそんなことはなかったです。
そうです。この世に攻略出来ない無理ゲーはありません。
どんなに難解な無理ゲーでも、しっかり攻略すれば、大概、クリア出来るものです。

このページでは、引きこもりのニートが正社員の
就職・転職を攻略するための作戦を紹介しています。
無理ゲーの攻略なら、このページにお任せ下さい。

実は「ニートが正社員になれる難易度は?」と聞かれたら、
かなり簡単なレベルに入ると言っても、過言じゃありません。
その理由は、仕事内容や条件を選ばなければ、
ただの引きこもりのニートが、単に正社員になるのは本当に簡単
だからです。

逆に、正社員になるためのハードルが高くなるのが、
「出来るだけ年収の高い企業に就職したい」
「待遇や条件がめちゃくちゃ良い会社に入りたい」
「定年まで安泰で、潰れない企業の正社員が良い」
・・・等、要求が高すぎるケース。

ひょっとしたら、これを読んでるあなたは、いつの間にか
「こんな会社じゃなきゃイヤだ!」
「ニートを正社員採用している企業はブラックばっかりだ!」
・・・こんな風に先入観を持ってませんか?

そうだとしたら、それはあまりに社会を知らなすぎる証拠です。
このページを最後まで読めば、ニートでも正社員になれる確率がグンッと上がりますよ。

ニートが「就職は無理」「正社員は無理」と思う理由

引きこもりのニートは「正社員になるのは無理ゲー」「就活は無理」と考えてしまう理由は何か?
まずはその理由を突き止めていきましょう。

参考 ニートから正社員は無理ゲー? ・・・それ、迷信だから!

「自分が出来ること」にしか自信が持てないから

人の多くは、経験、キャリアを積むことで少しずつに自信を積み重ねていくものです。
ところが、就職・転職活動というのは「未経験なことに挑戦」するわけなので、
自分の出来ることでは、どうしようもありません。

たとえば、勉強だけが取り柄だった学生だったら、
社会人になると学生時代に学んだ勉強が役に立つわけではないので、
試験で100点を取る能力のみでは、通用しません。

あるいは、就職を無理と考えているニートの人は、このように考えてませんか?

「事務職ならラクそうだし、自分にも出来そう・・・」
「資格や学歴があったら、絶対に内定をもらえる。」

これらは、すべて間違いなのです。

日本人は「まずは勉強して、十分知識を身につけてから・・・」
という考えの人が多いですが、勉強は仕事と同時進行でやれば良いのです。

これに気付けないまま「ニートで何もないから、資格を取得してから就職しよう。」
「ニートで空白期間が長いから、事前に就職情報を調べて完璧にやろう。」
と考えてしまうと、
正社員になれるのは、いつになっても実現しません。
理由は、勉強したり事前に調べたところで、全く行動しなければ、進歩しないからです。

「そんなこと言ったって、自信が持てないよ~」

そう思われるニートの方もいるかもしれません。
しかし、若い時は「自信がなくても、ムリヤリ自信を持つ!」しかありません
それで正社員に就職できるチャンスが巡ってくるのだったら、ラッキーですので。

「無理・・」と言っている人ばかりの情報を読んでいるから

インターネット上では「ニートに就職は無理ゲー」「新卒逃した時点で無理」
「引きこもりニートが正社員になるのは無理、フリーターで我慢しろ」等

狭い視野で極端な意見が目立ちがちです。

しかし、社会をよく知らない引きこもりのニートは、ネットの情報だけで社会を知った気になるため、
そういった意見を信じてしまうのです。

これらの殆どは、就職できずにネット上で被害妄想を書き込んでいる落伍者や、
ブラック企業でストレス貯めている人間が下の人間を見下すために
書いているだけの、生産性がゼロの不毛な文章ばかりです。

普通の社会人や、ニートから正社員になる人は、
そういった不毛な意見は参考にしませんし、書き込むこともありません。

それはなぜか?と言うと、
わざわざネットに愚痴や被害妄想を書くヒマがあれば、
次の求人情報に応募する手間暇に時間に使った方が良いからなの
です。
現実世界では「他人の足を引っ張る人」は沢山いますが、
ネット上で「ニートに就職は無理」と吹聴している輩も、同じような人種です。

例えば、あなたが自分と同じような境遇の引きこもりのニートがいたとして、
全く就職活動をしてないと「自分もしなくてもいいや・・」と考えちゃいますよね?
それと同じで、ネット上で書き込みしているニートも、
同じような境遇の同胞が正社員に就職しないことで、安心感を持とうとしているのです。
いわゆる、同類相哀れむってやつですね。

もしあなたも、身に覚えがあるのなら、
それは「ニートである自分に安心感を持ちたい」から、
正社員になれない同じような境遇のニートの情報ばかり、好んで集めている証拠
です。

失敗を怖がっているから

「就職が無理ゲー・・」と思っているニートの本音は「失敗するのが怖い・・」からです
しかし、はっきり言って、ニートが就職活動で失敗しても、失うものは何もありません。
あるとすれば、せいぜい書類の送料と面接の交通費、その時間ぐらいです。

けれど、行動せずに「就職は無理ゲー」と自信を持てずに生きながら、
「でも、自分はやればできる!本気を出してないだけだ!」と言い聞かせて可能性を残しておけば、
理論上は「何にでもなれる」はと自分を慰められますからね。

しかし、挑戦すらしないまま、子供の頃に
「子供には可能性や夢がある!」と親や先生に言われたことを、
信じ続けているようなもの
です。

「就職は無理ゲー・・・」と思っているニートであれば、
むしろ、そういう現実は嫌というほど見えているはずです。
生きていたら、思い通りに行かないことや失敗やだらけですが、
それをいちいち気にしていたら、一向に前に進めません。

選択肢や視野が狭いから

「正社員の就職は無理ゲー」と悩んでいるニートの人は、
自分で思っている以上に視野が狭くて、人生の選択肢も少ないです。

ですので
「新卒採用に失敗したら人生ゲームオーバー」
「会社を辞めたら人生詰み」
「ニートを採用してくれる会社は存在しない」
・・・等、一つの固まった考え方に囚われてしまうのです。

もっとも、社会人の中にも「自分の視野が狭いことに気づいていないで、
自分は視野が広いと勘違いしている人間」が沢山いるため、
そこに気づけるだけ、ニートはまだ改善の余地はあります。

素直に周囲の人に相談しないから

「就職は無理ゲー」と悩んでいるニートの人は、
たぶん周りの人に、しっかり相談していないと思われます。

家族は周囲の人のに相談をしたら
「引きこもりのニートだから正社員は無理」という発想には、まず至りません。
・・・ところが、ニートで悩んでいる人は以下のような、
周囲の人に相談できない理由があるのだとは思います。

  • 身近な人間が相談しても、ちゃんとしたアドバイスをしてくれない
  • そもそも「誰に相談すればいいか?」わからない
  • 周囲の人に求めすぎていて「答え」を望みすぎている

周囲の人に相談するのも、慣れや経験が必要ですが、
その人との人間関係や距離感によって、言うことが変わってくるため、
色々な人に相談してみることが大切です。
そして、相談しても、最後に決めるのは自分の意志なのですから、
周囲の人に答えを求めすぎても良くありません。
誰もがあなたの味方になるかと思ったら大間違いですが、
かと言って、全ての周囲の人間が敵なわけでもありません。

引きこもりのニートの就職が無理ゲーじゃない理由

冒頭にも紹介したした通り、引きこもりのニートが正社員になるのは
別に無理でもなんでもありません。
むしろ、20代で若ければ若いほど、正社員になりやすいので、
その事実はしっかりと知っておいてほしいです。

正社員はニートが思っているほど「完璧な存在」ではない

「就職は無理ゲー」と思っている引きこもりニートの人は、
その大半が「自分で勝手に正社員のハードルを高く上げすぎている」けなのです。

会社側からしたら、20代の正社員なんて全員ペーペーのガキに思われているぐらい、
全員未熟で当たり前の存在なのです。
そこに気づかずに「正社員は、すごい人じゃないとなれない」とか
「正社員は完璧にビジネスマナーが出来たり、優秀な経歴がないとなれない」
と思い込んでいるニートの人が、実に多いのです。

しかし、実際はむしろその逆です。

多くの社会人が、就職活動で何回も不採用通知を受け取って、
それでも挫けずに応募し続けて、ようやく採用された会社で、
失敗と挫折を重ねながら成長していくのです。

わざわざ、自分の悩みや弱みをさらけ出すほど、全ての社会人は暇ではありません。
そうした「多くの社会人の見えない努力」に気付けていないから、
ニートの人は勝手に独りよがりで「自分に就職は無理」と思ってしまうのです。

「既卒・第二新卒」という言葉が生まれている

引きこもりのニートが、現実的に正社員になれる理由は、
昨今「既卒・第二新卒」という言葉が生まれ、
人材業界でもサポート対象として、優遇されている事情を考えれば分かります。

これの背景には「国が若者の就職支援に取り組み、積極的にニートを採用している企業には助成金を出している」
という事情があるため、少し政治や社会に詳しい人なら、理解して頂けるかと思います。
それだけ、国も「若い人には、正社員になって欲しい」と考えているわけです。
ニートの人には、正社員になってもらった方が、
会社・国・本人にとってもプラスになりますから。

既卒・第二新卒を雇う会社は、別にボランティア活動で、ニートを正社員にしようとしているのではなく、
社会的な利益や自社の利益ためにニートを採用しているのです。
つまり「ニートを助けてあげよう」と思っている国と会社も、決して少なくはないのです。

20代後半でも正社員になれるチャンスはある

冒頭では「ニートでも正社員になるのは簡単」と自信満々に紹介しましたが、
それは20代前半(第二新卒・既卒)に限った話で、20代後半以降は少し厳しくなります。

もともと、企業側からすれば「未経験者を正社員として採用すること自体、破格の待遇」なので、
就活生・第二新卒・既卒はそれだけで有利な立場になります。

一方で、20代後半からは徐々に「若さ=将来性・ポテンシャル」と言った要素での
採用が期待できなくなるという事情があるのです。

しかしながら、だからといって「20代後半のニートが正社員になるのは無理か?」
と言えば、そうでもありません。

20代後半のニートが正社員になるための選択肢としては、
以下のような方法が考えられます。

  • 20代後半の未経験者でも、正社員として雇用してくれる会社を地道に探す
  • 契約社員・トライアル採用で採用し会社に入社し、正社員を目指す
  • 派遣社員として働き、紹介予定派遣制度を活用し、正社員を目指す

・・・このような選択肢は「いきなり正社員として雇ってくれる会社じゃなきゃダメ」と
思っているニートの人には、考えも及ばない選択肢でしょう。
こういった制度や社会状況を知っておけば
「20代後半のニート脱出は、厳しくはあっても、絶対に無理ではない」
と、可能性は見えてくるのです。

一方で、学生のように「良い学校を出て、良い企業から内定をもらえなければ人生終わりだ」
と、一つしか選択肢が考えられない人は、就活失敗・早期退職の挫折から立ち直れなくなります。

 

派遣社員について

派遣社員は制度がややこしいので、誤解されやすいのですが、
しっかり制度を理解して、会社側の意図を読んでおけば
「正社員になれる可能性も用意されている」とお分かり頂けるはずです。

また、派遣社員は働く側の意識が低いと手を抜く働き方も出来るため、
正社員を目指す人は、意識の低い派遣社員の意見は、あまり参考にしないようにするです。

このように「自分が正社員になれる可能性がある」と知っておくだけでも、
心が少し楽になって、道が開けてくるものなのです。

ニートでも利用できる就職支援サービスが増えている

ニートが正社員になるのが無理ではない最大の理由は、
20代の経歴のない若手でもしっかりと就職までサポートしてくれる人材会社が増えてきているからです。

私が卒業後のニートに対する扱いなんて酷くて「新卒採用逃したほうが悪い」という感じで、
既卒・第二新卒という言葉もまだほとんどなかったぐらいです。

これらのニートでも使える例えば「DYM転職」などの就職支援サービスは、
今これを読んでいるあなたと同じように「ニートだけど就職無理・・」「正社員無理ゲー・・」
と悩んでいた多くの人達を、正社員として採用させてきた実績を持ちます。

もし、あなたが本気で「就職は無理・・」と悩んでいるのであれば、
まずは就職支援サービスのプロ「正社員になるのは本当に無理ですか?」
と相談してみれば、現実が見えてきます。

それでも無理だとわかれば他の方法を考えてみればいいですし、
可能性があるなら、プロにお世話になれば、しっかりとサポートしてくれます。
無理だと決めつける前に、まずは就職支援サービスを有効活用しておきましょう。

就職したいなら「DYM就職」がお勧め

このステップまで、 読み進めた今コレを読んでる貴方は、
おそらく転職活動に真面目に取り組みたいと考えていると思います。

そういう人には、転職エージェントを利用することが一押しです。
転職エージェントというのは、就職・転職をしたいと検討してる方のために、
その人にマッチした求人を案内してくれる無料の転職支援サービスになります。

ハローワークに当てはめて言うと、相談員にあたる「エージェント」が付き添って、
選考対策や相談等に乗ってくれます。

代表的な転職エージェントには、「DYM就職」などが挙げられます。
「DYM就職」のエージェントは、求人を出している会社に、
直に足を運んで、継続的に情報交換をしています。

なので、求人企業が出してくる数字上の情報だけでなく、
「実際の残業時間」「有給消化率」
「現場の雰囲気」「人間関係」等も
分かった上で、求人案内してもらえます。
その上「書類選考なし」で、面接までこぎつける事が出来ます。