今のところ20代でニート・フリーターからの正社員の就職を検討している人は、
できるだけ早く就活に移しましょう。
「今からでは遅いのではないか…」といった心配があるかもしれませんが
20代は会社からのニーズが多く、チャンスに恵まれた年代です。

このページでは、、ニート・フリーターから正社員を目指す20代の人が、
正社員での就職活動を円滑に進めるためのやり方を紹介します。

 

20代がニートやフリーターを選択をした理由

わざと正社員として就職せずに、自らニート・フリーターといったコースを選択する20代の人がいるみたいです。
最大の理由としては、次のようなものが挙げられます。

 

バイトが幸せで卒業後も続けていきたかったから

学校生活からのアルバイトを幸せに感じ、大学卒業後も続けているというケースがあるみたいです。
仕事が楽しいと言えるのは良いことですが、いずれは正社員として就職したいと考えているのか、
バイトとしての立場を続けていくのかを考えておくことが必要です。

憧れの職業も将来の夢もなかったから

「この仕事に就きたい」「未来はこんな風にありたい」という、
将来の夢や目標が一切無いまま学校を卒業し、ニートやフリーターになるケースがあります。
こうした場合、仮に正社員として就職してもライフサイクルや価値観、
勤務条件等がマッチせず、すぐ退職してしまう傾向にあるみたいです。

就職に失敗して働くのが怖くなったから

20代のニートやフリーターの中には、一度正社員での就職はしたけど、
すぐに辞めて、働く意欲がなくなってしまったという人もいます。
異常に多い時間外労働やセクハラ、パワハラといった
職場環境の問題が原因であることが少なくありません。

不採用が続いて就活が怖くなったから

就職活動は、書類作成や面接試験など、やらなければならないことが少なくありません。
申し込みをする会社が多ければ、それだけその負担は多くなっていくと思います。
それから、面接官に理不尽な質問をされる、無礼極まりない態度を取られるというケースも。
そんな中で不採用が続けば、就職活動を「怖い」と思ってしまうのはやむを得ないことかもしれません。
そうは言っても、そのまま一歩を踏み出さないと、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

好きなときに働く縛られない生活がしたいから

自分のライフスタイルに合わせてシフトを調整しながら意のままに勤務できるのは、
フリーターの最たるアドバンテージといえるでしょう。
安定はしていなくても縛られない働き方をキープしたいと考え、
敢えて正社員の就職という選択肢を取らない場合もあります。

 

・・・理由は個人差がありますが、自分の考えでフリーターやニートを続けている人もいれば、
正社員になりたい気持ちはあったとしても、なかなか行動に移せないという人もいます。
仮に「いずれは正社員の就職を…」という希望があるなら、早めの就職活動がオススメです。

 

正社員が希望なら若い20代がチャンス

ニートやフリーターから正社員を志そうと考えている人は、
できれば20代の間に就活するのが望ましいと言えます。
正社員の就職を前提として転職活動をする場合、30代、40代、50代・・・
と歳を積み重ねた分だけ職歴やスキルが必要になっていきます。

20代の間であれば、キャリアよりも人間性や意欲を重視する
「ポテンシャル採用」を行っている会社が多いので、職歴がなくても採用してもらえる確率が高いです。
それから、「未経験OK」「既卒歓迎」「フリーター・ ニート歓迎」等を
前面に出している求人情報が沢山見つかると思います。
それほど20代の若い人材は必要とされていて、採用に積極的な会社が多いです。

ところが、あまりニート・フリーターの期間が長引くと、
その分空白期間が空いてしまうので、内定を取るのが難しいです。
正社員の就職を希望しているなら、できるだけ早めに就職活動に取り組み始めましょう。

 

20代ニートが採用されやすい業界・職種

「正社員になりたいが、簡単には仕事が見つからない…」といった場合、
人員不足といわれている業界や職種がチャンスです。

IT業界

IT業界は、ニーズに人手が追いついていない、激務や薄給といった
ネガティブなイメージの定着等の理由から、人材不足と言われています。
このため、20代だったら未経験でも積極的に採用する会社が多い傾向にあるようです。
それから、会社によって社風や働き方が自由なことがほとんどです。
IT業界は今後も発展が見込まれるので、ITの知識に自信がある、
興味があるというようなニートは検討しても良いかもしれません。

製造業界

製造業は、「肉体労働」といったハードなイメージが先行してしまって、
思うように労働者が集まらない会社が多いようです。
しかし、会社によっては未経験の人も募集しており、研修も行っている場合があります。
モノづくりに携わってみたいというニートにもってこいです。

宅配業界

ここ数年ネット通販の普及によって、宅配業の需要が急増していますが、
業界内は人材不足が深刻化していると言われています。
中型か大型免許を持っていて、体力に自信があるニートは、
宅配業を候補に入れても良いかもしれません。

介護業界

人材不足が深刻な業界としては、介護業界も頻繁に挙げられるのではないでしょうか。
未経験でもチャレンジしやすい業界である反面、「重労働の割に給与水準が低い」
といったネガティブな印象も少なからずあるので、用心深く考えた方が良いかもしれません。

・・・上記は一例ですが、興味があるものがあったら、
業界や職種についてじっくりと調べておいた方が良いです。

 

就職活動するにあたり押さえておきたいツボ

就職活動を始める時は、次のカギを押さえるべきです。

会社選びは細心の注意を払って

「仕事を選ばなければ就職できる」という説が一部でありますが、
「どこでも良いからとりあえず就職する」とバタバタして就職活動を進めるのはオススメしません。
仮に入社した会社が過酷なブラック企業であれば、せっかく就職したのに仕事が続かなくなってしまうのです。
そういう事態を避けるためにも、会社研究はみっちりするべきです。
それから、「どの時点までに就職する」という風に、自分で期日を決めておくと、
就職活動を円滑に進めやすくなります。

プレゼントを設定する

就職活動中は、仕事を見つけるということでウンウンうなっているかもしれません。
けれど、それだけではメンタル的に疲れやすくなってしまいます。
「ずっと欲しかったものを購入しよう」「ずっと行ってみたかった所に旅行に出かけよう」等、
正社員での就職した後にご褒美になるようなプレゼントを立て、モチベーションアップに結び付けましょう。

長く継続できる仕事や会社にめぐり会えるよう、
精神と身体ともに万全の状態で就職活動に臨むことが重要です。
早く就職先を見つけるのは、確かに良いことですが、
絶対にそれだけに固執しないようにしてください。

面接でよく聞く「ニート脱出の足がかり」

「実際にニートを卒業した人は、どういうことがきっかけとなり、
ニートを脱出できたのだろうか」と気になりませんか?
ニートを抜け出せた人の特徴として、激しい環境の変化を体験しています。

親の病気・退職

両親の病気・退職がきっかけになって、就職を考えるニートの方が圧倒的に多いです。
特に多いのは、親御さんが定年退職して、再雇用を希望せず退社して、
ニートのままだったら、家庭の経済状況に影響が出ると感じて就職するケースです。

家の中にいると、両親がお金のことを頭を悩ませていて、
耐えられなくなったという人がニート卒業に成功しています。

結婚したくなったた

愛する人が出来て、結婚したいけれど、ニートだと結婚できないので、
ニートを卒業したいという人もいます。

正社員になると、毎月安定した給料が必ず確約されて、
生活が落ち着くお蔭で、結婚しやすくなります。
安定を求めるきっかけとして、結婚をタイミングに正社員として
働きたいという方は、極めて多いです。

同年代とのギャップの焦り

「同年代がどんどん地位を築いていって、同窓会の誘いにも参加できない」
といった焦りが原因で、就職を真剣に考えたというニートの人は多いです。

周りが結婚していったり、重い責任のある立場で努力している
という事実に焦燥感が生じるということですね。
周りの努力を見て、自分も負けたくないという奮い起こす気持ちがあったら、
それが発端になることが多いです。

この先の不安

「このままずっと、正社員として就職することなく、
何のスキルもなく生活していけるのか」という将来的な不安が就職するきっかけになります。
一生代わり映えのない日々を過ごしていくことに恐怖心を覚えたら、
それは変化するきっかけです。

将来への不安は、正社員として就職することで、周りから信用され、
スキルが体得することで、徐々に払拭されていきます。

年齢が雇用に関係する理由

「どうして、年齢が就職に大きく関係しているのか?」と言ったら、
理由はいくつかあるのですが、一番に給料に関わる理由がすごく影響しています。

多くの会社では、給料が「年齢」「経験」「勤続年数」に応じて、決められています。
若い人はいずれも少ないので、会社は「年齢」「キャリア」「勤続年数」
を重ねてくる間に育成して、給料に応じた仕事ができるように
成長してくれるのを期待しています。30代、40代と「年齢」が高くなってくると、
自動的に採用時点での給料も高くなり、それ相応の「キャリア」のある人材でないと、
採用できなくなってしまうのです。

近年、ニートやフリーター、空白期間のある状態にある若い子達の
就職活動をサポートする行政機関や民間企業・NPOというものは、間違いなく増えています。

すぐに「ハローワーク」では無くて、転職エージェントのコンサルタントに
パートナーとなってもらい、アドバイスをもらいながら、
二人三脚で就職活動していくことをオススメします。

20代での就業経験が無かったり、長年にわたる空白期間がある人ほど、
応募書類や面接試験対策をしっかりやる必要があり、
あなた一人の力だけで就職することは、かなり難しくなってきますので、
専門家のアドバイスは欠かせないと思います。

20代だったら、サポートしてもらえる転職エージェントがかなりありますので、
たった今からでも利用するべきかと思います。

就職活動には「29歳の壁」・「34歳の壁」がある

ニートやフリーター、空白期間のある状態から正社員になりたいと
考えた時に一番大事なのは、「善は急げ」で、できる限り早く就職活動をスタートすることです。
シビアな現実ですが、40代よりも30代、30代よりも20代と、
年が若い世代の方が、比べ物にならない程、求人の数や正社員での
就職支援等の機会が豊富に用意されています。

これは、会社側の採用ニーズと比例していて、学歴や職務キャリアと同じくらいか、
それ以上に年齢は、最重要な条件としてチェックされています。

20~30代の正社員での就職には、「29歳のハードル」「34歳のハードル」
の2つの年齢の壁があるのです。行政機関や民間企業・NPO等でしている
就職活動支援のサイトや窓口によると「29歳までの人」「34歳までの人」
という記載が沢山見かけられます。
現実に、ハローワークや転職サイトに注目すると、年齢次第でで求人の数が激減したり、
求人情報の内容の条件が厳しくなったり、します。

社会的に採用は、「年齢」と「キャリア」(資格やスキル等)の2つが
最たる条件となります。会社は、若い人に対して「キャリア」を
初めから期待して採用していないため「年齢」という面が何はともあれ大きくなります。
年齢が上がってくるとともに、徐々に「キャリア」が要求されるようになってきます。

29歳までは、20代という枠組みの中で、新卒者や第二新卒、
ポテンシャル採用といった形で、未経験者であっても積極的に採用する会社があります。
これが、30代に入ってきたら、「キャリア」が重要視する会社が増えてくるため、
就職への道のハードルが高くなります。

 

Q&A 20代ニートの就職の不安

「就職したいが、一歩踏み出せない」
そういった20代ニートの人に向けて、Q&A形式で正社員での就職の不安を解消します。

Q.質問
20代ニートでも正社員での就職は可能ですか?
A.回答
20代はまだまだ正社員での就職に希望のある年代になります。
職務履歴がなくても仕事をする意欲をアピールしたら、雇用してくれる会社はあります。
ニートの人が就職できない原因の1つは、自分から就活を起こさないからなんです。
逆に言うと、正社員での就職に向けて動き出せば確率は大きく広がっていくと思います。

 

Q.質問
20代の間に正社員での就職をした方が良いですか?
A.回答
キャリアがない方の就職は早ければ早いほどアドバンテージになります。
20代は若手人材を求める会社のニーズが多く、スキルがなくても
人間性やポテンシャルで採用されやすい年代です。
30代、40代と歳を経るにつれてキャリアを求められるようになるため、
ニートの人は1日も早く就職活動を始めましょう。

 

Q.質問
ニートが採用されやすい職種はありますか?
A.回答
人手不足の業界や未経験者歓迎求人情報が多い職種で採用されやすい傾向にあります。
具体的に言うと、介護業界やIT業界は人材不足のため、
未経験者を採用する会社が多いと思います。職種でいうと、
プログラマーや営業職は未経験者歓迎の求人案件が多い傾向です。

Q.質問
正社員での就職を支援してくれる機関はありますか?
A.回答
ハローワークや就職エージェントを利用しましょう。
ハローワークは職業紹介や職業訓練を行うサービス。
就職エージェントは、求人提案や選考対策を行う民間の機関です。
専属のコンサルタントによる一貫した支援が特徴です。 

不安な時は転職エージェントを利用しよう


就職のための情報を集める等、準備をする上で、
正社員として働きたいが、何から始めればいいか分からない
「自分の年齢や経歴に不安を感じている」
「やりたい仕事、向いている仕事が分からない」
・・・という風に、と心配になるニートは多いと思います。
しっかりと就職できるか心細いときは、
一人きりで悩まずに、転職エージェントを利用するのも良いです。

身近なところではご両親や兄弟といった親族ですが、
ニートの人の中にはご家族と話しにくい方もいることと思います。

近くに相談できる人物が存在しなかったり、
就職活動を進める中で分からないことがあったりする時は、
「就職エージェント」を活用してみては、どうでしょうか?

就職エージェントには、業界や仕事事情に精通している就職活動のプロが在籍。
仕事や就職に関するアドバイスは等もしてもらえます。

転職エージェントのオススメは「ジェイック」

ジェイックは、既卒、第二新卒、大学中退、フリーター、ニートの就職支援を

無料で提供しています。
ブラック企業を徹底的に除外していて、厳しい審査基準を基に、
ジェイックのスタッフが何度も訪問し、安心して働ける会社か、確認しています。
厚生労働省から「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者としても認定されています。

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。
72項目に及ぶ国の審査基準に合格。

『就職講座×面接会』を全国各地で開催していて、
未経験から正社員での就職成功率は81.1%です。

■対象者
・18歳〜39歳までの既卒者、第二新卒者、中退者(高校中退不可)
・フリーター、契約社員、派遣社員といった非正規での就業経験のみの方
・正社員経験3年未満の方

■ジェイックの実績
・就職成功率81.1%
・採用サービス利用企業数5,950社
・入社後定着率91.3%(2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率)

■応募可能エリア
東京(神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡

仮に、今すぐ転職を考えていなくても、登録へしておいた方が良いです。
その理由は、今の仕事のストレス、疲労が限界に達すると、
転職エージェントに登録する気力すら、無くなるからです。

ジェイックに登録すれば、あなたに合った新規求人や転職可能な
おすすめ求人情報をチェック出来るので、今は転職しなくても登録しておくべき。

気になる求人情報をチェックしておくだけでも、
「転職」という選択肢が出来て、過労で倒れる前に、転職を出来るようになります。

ニート脱出の成功事例紹介

「実際にニートだったのに、再就職できた人っているのかなあ?」
と疑問を持つ人は多いと思います。
というわけで、ニート卒業の実例をご紹介します。

20代ニート・SHさんの実例

25才で、今まで仕事を全くした経験がないニートの方です。
公務員試験を努力して受けたが、希望している地方自治体が
25歳で募集をストップしたのが、きっかけでした。

公務員試験への未練がないこと、今から一般企業で厳しい
会社勤めするヤル気が感じられる自己アピールで、就職となりました。
国民の税金で生活を営むのではなく、厳しい一般企業で勝負して、
収益をあげられる人材になりたいと言われていました。

30代ニート・WTさんの実例

31歳で、それまでニートだった方です。
高校を卒業した後は、何一つ仕事に就かず、
親も有名な証券会社で役員をされていた方になります。

金銭的には不自由しない状況が、高校卒業後に長い期間続いていましたが、
とうとう父親が定年退職を迎えました。
そこで両親から「今のままだと将来が心配だ」と言われ、奮起をして就職しました。

ちなみに、採用となった評価部分は、ニート期間中の自己反省が正当であったこと、
そして、この先の人生に意識が向いていて、前向きな志向だったところです。

ニート期間中、お金に苦労していなかったから、働かなったが、
お金があるなしではなく、仕事をしているのが平常であり、
世の中に対して、何も貢献できていなかったと、自己反省していました。

これからは、セールスマンとして父親みたいに
積極的に取引先に足を運ぶ等して、努力していきたいと伝えてくれたことで、
合格となりました。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ブログランキング・にほんブログ村へ
「読んでくれた証に、ポチッと押してくれたら喜びます^_^」