今のところ20代でニート・フリーターからの正社員の就職を検討している人は、
できるだけ早く就活に移しましょう。
「今からでは遅いのではないか…」といった心配があるかもしれませんが
20代は会社からのニーズが多く、チャンスに恵まれた年代です。

このページでは、、ニート・フリーターから正社員を目指す20代の人が、
正社員での就職活動を円滑に進めるためのやり方を紹介します。

 

20代がニートやフリーターを選択をした理由

わざと正社員として就職せずに、自らニート・フリーターといったコースを選択する20代の人がいるみたいです。
最大の理由としては、次のようなものが挙げられます。

 

バイトが幸せで卒業後も続けていきたかったから

学校生活からのアルバイトを幸せに感じ、大学卒業後も続けているというケースがあるみたいです。
仕事が楽しいと言えるのは良いことですが、いずれは正社員として就職したいと考えているのか、
バイトとしての立場を続けていくのかを考えておくことが必要です。

憧れの職業も将来の夢もなかったから

「この仕事に就きたい」「未来はこんな風にありたい」という、
将来の夢や目標が一切無いまま学校を卒業し、ニートやフリーターになるケースがあります。
こうした場合、仮に正社員として就職してもライフサイクルや価値観、
勤務条件等がマッチせず、すぐ退職してしまう傾向にあるみたいです。

就職に失敗して働くのが怖くなったから

20代のニートやフリーターの中には、一度正社員での就職はしたけど、
すぐに辞めて、働く意欲がなくなってしまったという人もいます。
異常に多い時間外労働やセクハラ、パワハラといった
職場環境の問題が原因であることが少なくありません。

不採用が続いて就活が怖くなったから

就職活動は、書類作成や面接試験など、やらなければならないことが少なくありません。
申し込みをする会社が多ければ、それだけその負担は多くなっていくと思います。
それから、面接官に理不尽な質問をされる、無礼極まりない態度を取られるというケースも。
そんな中で不採用が続けば、就職活動を「怖い」と思ってしまうのはやむを得ないことかもしれません。
そうは言っても、そのまま一歩を踏み出さないと、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

好きなときに働く縛られない生活がしたいから

自分のライフスタイルに合わせてシフトを調整しながら意のままに勤務できるのは、
フリーターの最たるアドバンテージといえるでしょう。
安定はしていなくても縛られない働き方をキープしたいと考え、
敢えて正社員の就職という選択肢を取らない場合もあります。

 

・・・理由は個人差がありますが、自分の考えでフリーターやニートを続けている人もいれば、
正社員になりたい気持ちはあったとしても、なかなか行動に移せないという人もいます。
仮に「いずれは正社員の就職を…」という希望があるなら、早めの就職活動がオススメです。

 

正社員が希望なら若い20代がチャンス

ニートやフリーターから正社員を志そうと考えている人は、
できれば20代の間に就活するのが望ましいと言えます。
正社員の就職を前提として転職活動をする場合、30代、40代、50代・・・
と歳を積み重ねた分だけ職歴やスキルが必要になっていきます。

20代の間であれば、キャリアよりも人間性や意欲を重視する
「ポテンシャル採用」を行っている会社が多いので、職歴がなくても採用してもらえる確率が高いです。
それから、「未経験OK」「既卒歓迎」「フリーター・ ニート歓迎」等を
前面に出している求人情報が沢山見つかると思います。
それほど20代の若い人材は必要とされていて、採用に積極的な会社が多いです。

ところが、あまりニート・フリーターの期間が長引くと、
その分空白期間が空いてしまうので、内定を取るのが難しいです。
正社員の就職を希望しているなら、できるだけ早めに就職活動に取り組み始めましょう。

 

20代ニートが採用されやすい業界・職種

「正社員になりたいが、簡単には仕事が見つからない…」といった場合、
人員不足といわれている業界や職種がチャンスです。

IT業界

IT業界は、ニーズに人手が追いついていない、激務や薄給といった
ネガティブなイメージの定着等の理由から、人材不足と言われています。
このため、20代だったら未経験でも積極的に採用する会社が多い傾向にあるようです。
それから、会社によって社風や働き方が自由なことがほとんどです。
IT業界は今後も発展が見込まれるので、ITの知識に自信がある、
興味があるというようなニートは検討しても良いかもしれません。

製造業界

製造業は、「肉体労働」といったハードなイメージが先行してしまって、
思うように労働者が集まらない会社が多いようです。
しかし、会社によっては未経験の人も募集しており、研修も行っている場合があります。
モノづくりに携わってみたいというニートにもってこいです。

宅配業界

ここ数年ネット通販の普及によって、宅配業の需要が急増していますが、
業界内は人材不足が深刻化していると言われています。
中型か大型免許を持っていて、体力に自信があるニートは、
宅配業を候補に入れても良いかもしれません。

介護業界

人材不足が深刻な業界としては、介護業界も頻繁に挙げられるのではないでしょうか。
未経験でもチャレンジしやすい業界である反面、「重労働の割に給与水準が低い」
といったネガティブな印象も少なからずあるので、用心深く考えた方が良いかもしれません。

・・・上記は一例ですが、興味があるものがあったら、
業界や職種についてじっくりと調べておいた方が良いです。

 

就職活動するにあたり押さえておきたいツボ

就職活動を始める時は、次のカギを押さえるべきです。

会社選びは細心の注意を払って

「仕事を選ばなければ就職できる」という説が一部でありますが、
「どこでも良いからとりあえず就職する」とバタバタして就職活動を進めるのはオススメしません。
仮に入社した会社が過酷なブラック企業であれば、せっかく就職したのに仕事が続かなくなってしまうのです。
そういう事態を避けるためにも、会社研究はみっちりするべきです。
それから、「どの時点までに就職する」という風に、自分で期日を決めておくと、
就職活動を円滑に進めやすくなります。

プレゼントを設定する

就職活動中は、仕事を見つけるということでウンウンうなっているかもしれません。
けれど、それだけではメンタル的に疲れやすくなってしまいます。
「ずっと欲しかったものを購入しよう」「ずっと行ってみたかった所に旅行に出かけよう」等、
正社員での就職した後にご褒美になるようなプレゼントを立て、モチベーションアップに結び付けましょう。

長く継続できる仕事や会社にめぐり会えるよう、
精神と身体ともに万全の状態で就職活動に臨むことが重要です。
早く就職先を見つけるのは、確かに良いことですが、
絶対にそれだけに固執しないようにしてください。

 

Q&A 20代ニートの就職の不安

「就職したいが、一歩踏み出せない」
そういった20代ニートの人に向けて、Q&A形式で正社員での就職の不安を解消します。

Q.質問
20代ニートでも正社員での就職は可能ですか?
A.回答
20代はまだまだ正社員での就職に希望のある年代になります。
職務履歴がなくても仕事をする意欲をアピールしたら、雇用してくれる会社はあります。
ニートの人が就職できない原因の1つは、自分から就活を起こさないからなんです。
逆に言うと、正社員での就職に向けて動き出せば確率は大きく広がっていくと思います。

 

Q.質問
20代の間に正社員での就職をした方が良いですか?
A.回答
キャリアがない方の就職は早ければ早いほどアドバンテージになります。
20代は若手人材を求める会社のニーズが多く、スキルがなくても
人間性やポテンシャルで採用されやすい年代です。
30代、40代と歳を経るにつれてキャリアを求められるようになるため、
ニートの人は1日も早く就職活動を始めましょう。

 

Q.質問
ニートが採用されやすい職種はありますか?
A.回答
人手不足の業界や未経験者歓迎求人情報が多い職種で採用されやすい傾向にあります。
具体的に言うと、介護業界やIT業界は人材不足のため、
未経験者を採用する会社が多いと思います。職種でいうと、
プログラマーや営業職は未経験者歓迎の求人案件が多い傾向です。

Q.質問
正社員での就職を支援してくれる機関はありますか?
A.回答
ハローワークや就職エージェントを利用しましょう。
ハローワークは職業紹介や職業訓練を行うサービス。
就職エージェントは、求人提案や選考対策を行う民間の機関です。
専属のコンサルタントによる一貫した支援が特徴です。 

不安な時は転職エージェントを利用しよう


就職のための情報を集める等、準備をする上で、
正社員として働きたいが、何から始めればいいか分からない
「自分の年齢や経歴に不安を感じている」
「やりたい仕事、向いている仕事が分からない」
・・・という風に、と心配になるニートは多いと思います。
しっかりと就職できるか心細いときは、
一人きりで悩まずに、転職エージェントを利用するのも良いです。

身近なところではご両親や兄弟といった親族ですが、
ニートの人の中にはご家族と話しにくい方もいることと思います。

近くに相談できる人物が存在しなかったり、
就職活動を進める中で分からないことがあったりする時は、
「就職エージェント」を活用してみては、どうでしょうか?

就職エージェントには、業界や仕事事情に精通している就職活動のプロが在籍。
仕事や就職に関するアドバイスは等もしてもらえます。

転職エージェントのオススメは「ジェイック」

ジェイックは、既卒、第二新卒、大学中退、フリーター、ニートの就職支援を

無料で提供しています。
ブラック企業を徹底的に除外していて、厳しい審査基準を基に、
ジェイックのスタッフが何度も訪問し、安心して働ける会社か、確認しています。
厚生労働省から「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者としても認定されています。

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。
72項目に及ぶ国の審査基準に合格。

『就職講座×面接会』を全国各地で開催していて、
未経験から正社員での就職成功率は81.1%です。

■対象者
・18歳〜39歳までの既卒者、第二新卒者、中退者(高校中退不可)
・フリーター、契約社員、派遣社員といった非正規での就業経験のみの方
・正社員経験3年未満の方

■ジェイックの実績
・就職成功率81.1%
・採用サービス利用企業数5,950社
・入社後定着率91.3%(2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率)

■応募可能エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡

仮に、今すぐ転職を考えていなくても、登録へしておいた方が良いです。
その理由は、今の仕事のストレス、疲労が限界に達すると、
転職エージェントに登録する気力すら、無くなるからです。

ジェイックに登録すれば、あなたに合った新規求人や転職可能な
おすすめ求人情報をチェック出来るので、今は転職しなくても登録しておくべき。

気になる求人情報をチェックしておくだけでも、
「転職」という選択肢が出来て、過労で倒れる前に、転職を出来るようになります。