このページは・・・

『のニートの末路って…、なんとなく不安…』
『27歳のニートでも就職できるのかな?』

と悩んでいる人におすすめです。

“質の高い”求人を “多く” 見ていくために、オススメできる方法は大きく分類して、2つに分けられます。

相談するべき就職のプロ
  1. ハローワークを利用
  2. 就職エージェントを利用
大きなメリットしては、派遣などの求人数を除いても、約66万件あるという点です。

たたし大手企業の求人は少なかったり、公共機関なので入社するまでに時間がかかってしまったり・・・。

といったデメリットがあります。

ハローワーク公式ページ:https://www.hellowork.go.jp

就職のプロ②:求人やサポートの質が高い就職エージェント

就職エージェントの特徴

<メリット>
  1. 求人の質が一定
  2. 短期間で就職をすることができる
  3. 書類選考なしで、面接まで行ける
  4. 無料で面接対策を実施してくれる

<デメリット>

  1. ハローワークと比べると求人数は少ない

 

基本的に、就職エージェントはハローワークより求人やサポートの質が高いです。

この理由は、転職エージェントは、民間企業のため、

就職に成功してもらわないと、自社の評価が下がるからです。

そして、行政機関のハローワークと違い、就職エージェントは募集企業から仲介料をもらっているため、

求人やサポートの質が高めるために予算が使えるのが大きいです。

 

また、デメリットとして求人数の少なさを挙げましたが、

あくまでハローワークと比べて、少なく見えるだけです。

大手の就職エージェントは、10万件以上の求人数があるので、

決して求人数が少ないということはありません。

 

転職エージェントの更なるメリット

 

 

特に就職エージェントは、「あなた」だけでは手に入りづらい

企業の情報やブラック企業を教えてくれたり、

面接の前に、担当エージェントが「あなた」の良さを企業にアピールを

 してくれたり…と手厚くサポートしてくれるので、

 一人の就活では採用されない企業にも採用されやすくなります。

だからこそ、18~20代のニートは、就職エージェントを可能な限り使うべきです。

オススメ転職エージェントは、DYM就職

とくにおすすめの転職エージェントは、「DYM就職」です。

「DYM就職」のエージェントは、求人を出している会社に、
直に足を運んで、継続的に情報交換をしています。

なので、求人企業が出してくる数字上の情報だけでなく、
「実際の残業時間」「有給消化率」
「現場の雰囲気」「人間関係」等も
分かった上で、求人案内してもらえます。

また、DYM就職では「書類選考なし」で、面接までこぎつける事が出来るんです。
そして、就職率は脅威の96%を誇ります。

更に次のメリットもありあます。

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

相談後、「就職しない」となってもOKです!
まずは登録して相談しましょう。

「DYM就職」公式サイト

 

 

 

 

正社員就職を成功させるポイント

 

  1. 外出して人とコミュニケーションをとる
  2. 企業が求めていることを理解する
  3. 自己分析をする
  4. できるだけ多くの企業を受ける
  5. 人気のない業界を狙う
  6. 履歴書や経歴書をしっかり準備しておく
  7. 身だしなみをきちんとして面接に向かう

それでは1つずつ説明していきますね。

 

ポイント1|外出して人とコミュニケーションをとる

4つ目のポイントは、35歳ニートから脱出するために外出して人と会うべきです。

やはり人と話して感情を抱いたり、表情動かすことは働く上でも重要です。

誰かと会話をしていれば、自然と笑みがこぼれたり、

思っていることを話せるのでストレスの発散にもつながります。

35歳ニートから脱出するために外出して、親や昔の友人などと少しでも会話をしましょう。

ポイント2|企業が求めていることを理解する

5つ目のポイントは、企業が求めていることを理解することです。

採用で企業が注目している点は以下の通りです。

企業が採用で見ている点
  • 人柄
  • 価値観
  • 今後の可能性
  • 意欲・熱意
  • 礼儀やマナー

以上の点を踏まえてその会社で活躍できそうか、社風とは合っているかを判断しています。

自分の強みやエピソードをもとに、しっかりアピールしましょう。

ポイント3|自己分析をする

1つ目のポイントは自己分析をすることです。

というのも、自己分析をすることで次のようなメリットがあるからです!

自己分析のメリット
  1. 自分に合った職種や業界、企業が分かるようになる
  2. 自分の強みを理解し、面接時にアピールすることができる
自己分析のポイント
  • 性格・特性
  • 興味のあること
  • 得意なこと
  • 好きなこと
  • これまでの人生で頑張ったこと

 

さらに、自己分析セミナー以外にも様々なセミナーを無料開催しているので、

一度話を聞きにいくことをおすすめします。

代表的なセミナーの種類
  • 自己分析セミナー
  • 就活の基礎の基礎セミナー
  • 非正規社員からの正社員就職セミナー
  • 業界職種解説セミナー
  • ブラック企業対策セミナー
  • 求人広告の見方セミナー

ポイント4|できるだけ多くの企業を受ける

7つ目のポイントは、できるだけたくさんの企業を受けることです。

書類の書き方や面接のコツは、回数を重ねることで身につきます。

準備が不十分なうちに本命の企業を受けた場合、失敗の可能性はかなり高くなります。

後悔なく働きたい企業で就職できるように、練習と思ってたくさんの企業を受けてみましょう。

ポイント5|人気のない業界を狙う

8つ目のポイントは、人気のない業界を狙うことです。

35歳だと、大手企業や人気のある会社に就職することはかなり難しいです。

特別なスキルや能力があれば別ですが、

人気のない業界=ライバルの少ない業界を狙うことで、就職の可能性が上がります。

ただし人気のない業界だからといって、ブラック企業ばかりではありません。

特に人手不足の業界は、今後も人を集めるために待遇改善に努めているところも増えています。

ポイント6|履歴書や経歴書をしっかり準備しておく

6つ目のポイントは、履歴書や経歴書を準備しておくことです。

 

たとえ正社員経験がなくても、アルバイト経験は大きなアピールポイントになります!

実際どんなことを職歴として書けばいいか悩む方が多いと思いますが、

次のことを出来るだけ分かりやすくしっかりと書きましょう。

記載すべきアルバイト経験
  • どんなバイト先・・・職種をはじめ職場環境のことなど
  • いつバイトをしていたか・・・何年何月からどれくらいの期間働いていたか
  • どんな仕事内容だったか・・・担当していた業務内容を細かく書く
  • バイトで工夫したことや努力したこと・・・自分なりに頑張ったことなど

 

経験がない場合でも、空白期間の理由を説明できるストーリーを用意しておいたほうがいいです。

一人でストーリーを考えるのが難しいと感じる方は、

就職エージェントでプロと一緒に考えることをおすすめします!

「書類選考なし」のDYM就職

 

ポイント7|身だしなみをきちんとして面接に向かう

最後のポイントは、身だしなみをきちんとして面接に向かうことです。

どの仕事をやる上でも、「人と会う」ということは共通項目です。

仕事を一緒にしていくメンバーの中に、清潔感のない人や暗い感じの人がいれば、

業務上やりにくくなることもあるでしょう。

チェックされている第一印象は、綺麗さやかっこよさではなく、

表情や身だしなみ、声の抑揚から受ける印象です。

見た目だけでなく、内面から出るエネルギーで、

「この人なら今のメンバーともうまくやっていけそう!」という印象を与える必要があります。

特に女性はメイク、男性は髪型や清潔感を中心に見直してみましょう。


 

相談後、「就職しない」となってもOK!まずは登録して相談しましょう。

 


「DYM就職」公式サイト

3あなたが正社員就職に成功することを願っています!