★ニートの社会復帰を大応援

正社員になりたいけどなれない!

  • 現在の会社で近々正社員になりたい
  • フリーター暮らしを脱却して正社員になりたい
  • 正社員登用されるためには?

    我が国には契約社員や派遣社員等の雇用形態がありますが、
    その中においても特に正社員は、採用されるのが難しいと言われます。 

    正社員は終身雇用を基本としていて、一般的に言うと他の雇用形態よりも待遇がいいので、
    会社側は「誰でもOK」という感覚で雇用できません。
    もし新卒者で入社した会社を定年退職まで勤めたケースだと、
    正社員の生涯年収が2億円以上というデータがあるため、
    それだけのお金を被雇用者に投資することになります。
    2億円を投資すると考えると、正社員雇用をどれほど用心深く
    するべきかイメージできるでしょう。

    このページでは、「そう簡単には正社員になれない」と考えるニートやフリーターの方に、
    ちょっと価値のある情報をお届けします。

    労働者の中で正社員として働いている人の割合

    厚生労働省の調査により約60%が正社員というデータが生じています。
    50%はオーバーしているのですね。
    令和の時代に入って、これが更に増えるのか、減るのか、わかりません。
    されど、どんな時代でも共通しているのは正社員の方が、
    異業界や他の業種へのキャリア変更しやすい、ということです。

    僕はいわゆる、ロスジェネというこの何年かでで、
    最高に正社員になりづらかった年代でありますが、
    何とかして、正社員になることができました。
    これがあったので、飯の種ができています。

    世間から見て沢山の人が正社員になりたいと考える理由は何でしょうか。
    今コレを読んでる貴方は、正社員になりたい何らかの
    理由があることだと思います。

    フリーターや派遣社員よりも厚遇を受けられるから

    正社員の方が、アルバイトで生活する人や契約社員と比べて待遇がよくなるケースが多いです。
    収入や社会保険、退職金制度等、おおむね正社員の方が充実しています。
    フリーターや契約社員で一緒の仕事をしていても、
    正社員か非正社員かというのみで、処遇が変わってしまうのはおかしいですよね。

    友達に「正社員」と言えないのがイヤだ

    新卒で正社員としてしっかり働いている友人・知人に対して
    「●●でバイトしてる」や「派遣の仕事をしてる」というのを
    気まずく感じるニートの人もいると思います。

    アルバイトで生活する人や非正規社員という働き方そのものは
    全然悪くないですが「正社員の方が社会的に信用される」と見られる風潮があるため、
    このように感じる方も少なくないでしょう。

    それから、自分が正社員ではないと伝えると「仕事ができない人間」
    と評価されて傷付いてしまうという、意地の問題も考えられるでしょう。

    次の転職を考えると正社員になっておいた方が良いと思うから

    現在は契約社員として働いているが、次転職することを考えると、
    今の段階で正社員になっておいた方が良いと考える人もいるでしょう。
    転職で、前職での雇用形態を聞かれることが多いからだと言えます。
    際のところ雇用形態のみで、採用・不採用が決まるということはありませんが、
    何となく正社員の方が有利なんじゃないかと考えてしまいますよね。

     

     

    現在の仕事場でアルバイト・契約社員・派遣社員等で仕事をしているけれど、
    いつになっても正社員になれない。
    又は正社員募集の求人に申し込んでいるが、あっさりとは採用されない。

    そういう人には、100パーセント何かしらの原因があります。

    会社側の理由で正社員への登用ができないというケースもありますけど、
    それ以外にも、労働者の方に何らかの問題があるケースの方が、圧倒的に多いと思われます。

     

    ①コミュニケーション力が乏しい

    正社員として採用されない方は、まず会社側に一緒に働きたいと思われていません。
    一緒に働きたいと思われるということは、スキルの有無等ではなくて、
    コミュニケーション力があるのか否かになります。
    仕事は1人でこなせるものではないため、
    周辺の仲間とチームを組んで、上手く進めて行けるかを会社側はチェックしています。

    ②会社が望む仕事のレベルに至らない

    募集内容によっては未経験可もありますけど、それ以外の求人案件では、
    「○○業界で3年以上の実務経験」「ディレクションの経験者」
    といった一定の基準を満たす仕事クオリティが要求されます。
    その基準を満たせないなら、やはり正社員はかけ離れたものになります。

    企業側は「この人にこの仕事を任せても大丈夫なのか」
    という視点でも合否を判断しているため、
    仕事ができない人を採用したいと思わないでしょう。

    ③最初から会社側が正社員登用の考えがない

    これは労働者サイドじゃなく、経営者サイドに問題があります。
    そして、この場合は現在の立場でどうあがいても解決できません。
    結論から言うと、本当に正社員が希望ならサッサと転職活動を行うのが良いです。

    経営者にもあれこれと事情があります。
    資金繰りが成功してないこともあれば、
    事業が成長曲線に乗っかるまでのその場しのぎの駒と考えている場合もあります。
    正社員への登用をするという事は、経営者にとっても大きな意思決定なんです。

     

    アルバイト・パートタイマー・派遣社員・契約社員・フリーランス等は、
    一般的に「非正規社員」と呼ばれます。正社員と非正規社員だと待遇面で大きく違ってきます。

    既にお気づきの人もかなりいるかもしれないのですが、
    なるべく早く正社員という立場になっておく事を推奨します。
    年をとる程に正社員として登用されるのは厳しくなります

    契約社員や派遣社員は「いつまでこの会社で働けるんだろう・・・」
    という不安が付きまといます。ましてやアルバイトやパートだったらなお更です。
    将来に向けた不安を少しでも抱えているなら、
    さっそく行動に移すことを考えてみて下さいい。

    ここまでページをスクロールしていって頂いた貴方は、
    正社員になるのはハードルが高いと思うかもしれませんが、
    を言うとそんな事はないです。

    会社がどういった人材を求めているのかも重要ですが、
    それ以上に「どの会社が正社員を求めているのか」を把握する事が大事です。

    正社員を目指す重要ポイント
    • 「未経験可」の求人情報を選ぶこと
    • 希望する業界・応募企業について研究
    • 志望動機作成と面接対策はじっくり
    • 転職エージェントへの登録は必須

    1.「未経験可」の求人情報を選ぶこと

    根本条件として、正社員になりたいフリーター・ ニートは
    「未経験可」の求人案件を選ぶようにして下さい。
    未経験可ならキャリヤやスキルを問わずフラットに判断されるため、
    正社員として採用される確率はもの凄くあります。

    未経験からでも正社員として採用してくれる会社は増加していますし、
    試用期間である3ヵ月間を過ぎたら、
    正社員雇用してもらえる未経験可の求人案件もあるので、
    採用条件には十分に、目を通しておきましょう。

    2.希望する業界・応募企業について研究

    を決心したら、業界や職種・応募企業を十分に研究してください。
    未経験者はスキルやキャリアではなく、仕事に対しての意欲や
    ポテンシャルが評価されるので、きちんとPRするには業界研究や企業研究が必須です。

    秘訣としては、業界の市場動向、申し込みをする職種の仕事内容の理解、
    申し込みをする会社がどのようなビジョンで、どんな事業を展開しているのか等が大事
    になります。
    企業研究には、新卒採用サイトがかなり分かりやすいので、
    うまく使ってみると良いと思います。

     3.志望動機作成と面接対策はじっくり

    ラストに、採用のポイントとなる志望動機作成と面接試験対策は入念にして下さい。
    未経験可の求人案件に申し込みをして企業研究等をしっかりしていても、
    志望動機が下手くそで書類選考で落とされてしまっては元も子もありません。
    どういう理由でその会社・仕事を望むのか、
    以前にどんな経験をして何を学んできたのか、理解できるように明瞭に説明しましょう。

    それから、面接対策はできることなら他の人に助力してもらうと良いと思います。
    質問されるであろう問いにきちんと答えられるのか、
    声の大きさや目線は問題ないのかを客観的な目線で見るのは難しいので、
    意見をもらうと良いです。

     

    4.転職エージェントへの登録はマスト

    真剣に正社員を目指すならば、転職エージェントへの登録はマストです。
    就職支援のプロが、申し込む業界や会社の研究を一緒にしてくれますし、
    会社に合わせて志望動機作成と面接試験の対策もやってくれます。

    転職サイトや情報誌には記載されていない求人情報を豊富に持っているのは、
    転職エージェントと会社が直接に太いパイプで繋がっているから。
    本気の正社員を採用したい会社としては、
    転職サイトや情報誌から応募してくる人は求めておらず、
    転職エージェントを利用して、申し込んでくる真剣な方を求めている
    のです。

    当然ですが、志望する業界や会社の情報・面接試験や書類作成の対策・
    実際に入社した後のアフターサービスまで行き届いていますます。
    あなた1人で転職活動をするよりも、比較にならない程、正社員採用に近づけるでしょう

    転職エージェントのオススメは「ジェイック」

    ジェイックは、既卒、第二新卒、大学中退、フリーター、ニートの就職支援を

    無料で提供しています。
    ブラック企業を徹底的に除外していて、厳しい審査基準を基に、
    ジェイックのスタッフが何度も訪問し、安心して働ける会社か、確認しています。
    厚生労働省から「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者としても認定されています。

    「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

    全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。
    72項目に及ぶ国の審査基準に合格。

    『就職講座×面接会』を全国各地で開催していて、
    未経験から正社員での就職成功率は81.1%です。

    ■対象者
    ・18歳〜39歳までの既卒者、第二新卒者、中退者(高校中退不可)
    ・フリーター、契約社員、派遣社員といった非正規での就業経験のみの方
    ・正社員経験3年未満の方

    ■ジェイックの実績
    ・就職成功率81.1%
    ・採用サービス利用企業数5,950社
    ・入社後定着率91.3%(2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率)

    ■応募可能エリア
    東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島
    神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡

    仮に、今すぐ転職を考えていなくても、登録へしておいた方が良いです。
    その理由は、今の仕事のストレス、疲労が限界に達すると、
    転職エージェントに登録する気力すら、無くなるからです。

    ジェイックに登録すれば、あなたに合った新規求人や転職可能な
    おすすめ求人情報をチェック出来るので、今は転職しなくても登録しておくべき。

    気になる求人情報をチェックしておくだけでも、
    「転職」という選択肢が出来て、過労で倒れる前に、転職を出来るようになります。

    コメントを残す

    正社員になりたいけどなれない!