高校中退からの正社員就職って難しいんだろうか・・・
学歴も資格もないし無理なのかな、どうすればいいんだろう・・・?

高校を中退すると就職できないのかと、不安を覚えてはいないでしょうか。
結果から言うと、高校中退の学歴からでも、
きちんとした正社員の仕事へ就職することは可能です。

ただし、就職成功のための要点を前もって押さえておくか、
否かで正社員での就職の成功率は見違えるようになってくるでしょう。

このページでは、高校中退から正社員での就職を成功させるポイントや、
すすめの就職活動の方法、高校中退から就職をする良い所や悪い所を解説していきます。

一通り読むことで、実情から脱出して、正社員の就職へ向けて大きく前進できるはずです。

就職成功のカギ
・自己分析と企業研究に力を入れる
・高校を中退した理由を喋れるようにする
・学歴不問の求人案件を受ける
・女性はくるみんマークをチェック

高校中退から正社員での就職を叶えるためには、
就職エージェントを有効活用してみて下さい。
正社員での就職のプロがあなたの人生に向き合って、
色々な助言してくれたり、書類や面接対策の支援をしてもらえます。

もちろん求人案件も紹介してくれますよ。
無料で利用することができるサービスなので、まずは軽い相談から始めてみましょう。

高校中退者は正社員での就職はできない?

リアルな就職活動について、説明していく前に、
まずは高校を中退した人の就職事情から話していきます。

卒業1年以内の中卒者の正社員の就職率は11.7%

高校を中退した人の学歴は、中卒者としてなります。
純粋な中卒者とは、正確に言えば異なりますが、
厚生労働省が平成30年度に調査したデータだと、
中卒者が卒業後1年以内に、正社員就職を成功させた割合は、11.7%という結果になりました。

高校中退から1年間の状況

・正社員の仕事 11.70%
・正社員以外の仕事 66.50%
・仕事に就いていなかった 16.10%
・不明 5.70%

(引用元:平成30年若年者雇用実態調査の概況)

「11.7%・・・やっぱり正社員への就職なんて無理なのかな」

そう感じた人もいるかもしれませんが、もとより正社員以外の雇用形態を希望していた方や、
その他の事情で正社員への就職を断念した人が、
結構多い数いることも、同調査で明白になっています。

すなわち、この調査を受けた人達は、全員が正社員を希望していたわけではありません。

正社員を目指している人は少ない

・正社員以外の労働者として、勤務した理由
・正社員求人に申込みしたが、採用されなかった 4.5%
・自分の望む条件に合わなかったので、正社員として勤務しなかった 14.4%
・自分の望む企業で正社員の募集がなかった 6.0%
・正社員として働くことが、肉体的に難しかった 3.5%
・家の事情 15.6%
・資格・技能等を習得するため勉強したかった 3.1%
・試みの採用期間、研修期間だった 1.4%
・元々、正社員を狙っていなかった 35.9%
・その他 15.5%

(引用元:平成30年若年者雇用実態調査の概況)

この調査データから、シンプルに正社員求人へ応募して採用されなかった人は、
たった4.5%しかいなかったことが分かります。

それぞれの家庭の状況等も関わってくると思いますが、
このデータから読み取れることは、高校中退者が正社員として仕事をすることは、
決して困難ではないということです。

高校中退から正社員で就職するための5つのカギ

この辺で、さっそく高校中退の状態から、
正社員として就職するためにどういった対策をしていけば良いのか、
成功のカギを具体的に解説していきます。

自己分析を行う

就職準備は、まず自己分析からスタートすると断定できます。

・自分にはどういう強みがあるか
・その強みを活用できる職種は何か
・得意不得意限らず、自分が心の底からしたいと思える仕事は何か
・仕事に対して、着目する価値観
・5年、10年先、その仕事を通じ、志す自分の姿はどういったものか

泥臭い作業ですが、こうした自問自答を繰り返し、
自分がどういう人間かを理解していく作業が必要です。

こういった自己分析が大雑把になっていると、
せっかく入った企業でも「何かイメージしていた仕事と違った・・・」
とすぐさま辞めるようなことになりかねません。

時には、家族や友人・知人にも自分がどんな優れた点や個性を持っているように、
見えるかなど助言を求めつつ、確実に自己分析を深めていくことが重要です。

企業研究を欠かさない

自己分析と共にきちんとしておかなければならないのが、企業研究です。

その会社の事業内容
企業理念
社風や文化
年収レンジや福利厚生
今の課題や将来性

これから自分が勤務する会社となりますので、こういう部分をきちんと調べ上げ、
きめ細かい準備をしておいた方が良いでしょう。

企業研究が深ければ、深い程、入社後の適性不一致を回避できる可能性は上がりますし、
面接試験の際に、その会社に対する知識が役に立つことも多いです。

 

高校を中退した理由を語れるようにする

これに関しては、面接試験の時に、ほとんど必ずと言ってよい程、
聞かれる質問であるので対策が不可欠です。

1回は卒業するつもりで入った高校を中退したということは、
何かしらの理由があるはずであって、採用係はそこを確認したいと考えています。

このため、「なぜ高校を中退するという気持ちになったのか」、
「高校を中退してから正社員での就職をしようと考えるようになったきっかけは何か」、
こういう点について、あなた自身の考えを整理しておいた方が良いでしょう。

それから、中退後の期間は何をしていたのかや、
その期間を経て、学んだスキルや教訓等があったら、一緒に伝えるようにしていきましょう。

学歴不問の求人案件を申し込む

高校を中退し、中卒者となった人の中で、学歴に悩みを抱えている方もいると思います。
ただし、満 15~34 歳の労働者の正社員採用にあたって、
学歴を求める事業者の割合は、実を言うと低いことが、厚生労働省のリサーチから判明してします。

正社員の採用選考時、優先した点(複数回答)

職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神 76.0%
コミュニケーション能力 62.9%
マナー・社会常識 60.1%
組織への適応力 47.8%
体力耐性 31.0%
業務に役立つ専門知識やスキル35.9%
柔軟な発想 17.7%
学歴・キャリア 23.1%
従順さ・会社への忠誠心 17.6%
業務に役立つビジネス経験 40.6%

出典:平成30年若年労働者の採用状況

こんなふうに、正社員採用に於いて、学歴を求める企業の割合は、
サーチ対象とした9,455の企業の中で、23.1%とおよそ4分の1しかありません。

ただし、この調査は満15歳~34歳の雇用者の正社員採用の実施に於いて、
という背景があるので、高卒者や大卒者も合わせた上でのデータという点には注意をしましょう。

求人情報を探す時は、あんまり応募条件に、
学歴不問として、あるものを見つけて、申込んでいくことをおススメします。

 

女の人はくるみんマークをチェックする

高校を中退した女の人が、将来において迎える可能性のある結婚や
育児等の支援が行き届いた職場を探そうと考えた時、
チェックしたいのがくるみんマークになります。

出典:くるみんマーク・プラチナくるみんマークについて│厚生労働省

くるみんマークというのは、厚生労働省が認定する、
社員の育児をサポートしてくれる会社のみが、取得可能なマークです。

このマークを取得するでは、一定の育休の取得率や時間外労働時間についての
ギリギリのラインといった基準を遵守しなければいけません。

その上、上位の認定であるプラチナくるみんマークというのは、
より高い水準の認定をクリアする必要があり、取得している会社は多くありません。

将来に向けて結婚等のライフイベントを迎え入れる予定のある女の人は、
この認定を受けている会社への応募を考えてみると良いですよ。

 

高校中退から就職をする良い所

高校を中退し早めに働きに出ることには、メリットもあります。
同年代と比べて、長く社会人経験を積めますし、
マニアックなスキルを、若い時から身に付けることも出来るからです。

 

社会人のキャリアを長く積める

高校を中退し就職すると、同年代と比べて早い内に
スキルやビジネスマナーを身に付けられます。

それから、職種により、10代の間からマニアックなスキルを磨けますので、
20代という若さで独立する方もいます。

東京商工リサーチの「130万人の社長データ調査(2016年度)」によれば、
全社長の最終学歴の中卒者の割合は6.74%だそうです。

これを多いと思うか少ないと思うかは、人それぞれでしょうが、
高校中退でも意欲があれば、学歴関係なく社長になれることを、
このデータは証明します。

成果主義の会社は給与が高くなる可能性がある

例えば、営業部門だと、契約件数に応じた成果報酬が給与として、
反映される企業も中にはあります。
それから、エンジニアのケースは、活用できるプログラム言語の数が増えると、
給料が高くなる企業もあります。

本人の労働意欲や前向きな気持ちが不可欠ですが、
若い時から人間として外に出て、実務的なキャリアやスキルを身に付けることで、
学歴と無関係に給料をアップさせていけると思います。

 

高校中退から就職するデメリット

・就職先の選択肢や取得できる資格が減る
・学歴がネックとなり、出世街道に乗れなくなる
・就職先の選択肢や取得できる資格が少なくなる

学歴不問の求人案件はありますが、殆どは高卒以上を最低条件としていて、
中卒でも申込みできる求人案件は、組み立てや解体工事など選択肢が減ります。

それから、給料には、資格手当が付くケースがありますが、
中卒の場合、テストを受ける資格すらなく、資格が取れないことがあります。

高卒以上」が条件となる資格

・介護福祉士
・歯科衛生士
・保育士試験
・美容師免許
・警察官採用試験
・消防官採用試験

このため、将来に向けた選択肢を増やしていきたいなら、
通信制高校への再入学や高等学校卒業程度認定テストにチャレンジしたりして、
進学に方向転換してみましょう。

 

学歴がネックとなり出世街道に乗れなくなる

有名企業等では、会社内で出身大学による派閥が構成されているようなことがあります。

加えて、有名大学出身の新卒しか取らないような企業では、
社内で学歴による差別を受けるきらいがもしかしてあるかもしれないです。

このようなケースだと、学歴が原因で、重大な役職を任せられなかったり、
出世しにくくなるという事態に陥るケースがあります。
もしも、学歴による差別が横行しているような会社に就職してしまった場合は、
転職を検討してみても良いでしょう。

一人での就職活動が難しいならば、就職エージェントを利用することも検討してみましょう

就職のための情報を集める等、準備をする上で、
「正社員として働きたいが、何から始めればいいか分からない」
「自分の年齢や経歴に不安を感じている」
「やりたい仕事、向いている仕事が分からない」
・・・という風に、と心配になるニートは多いと思います。

しっかりと就職できるか心細いときは、
一人きりで悩まずに、転職エージェントを利用するのも良いです。

身近なところではご両親や兄弟といった親族ですが、
ニートの人の中にはご家族と話しにくい方もいることと思います。

近くに相談できる人物が存在しなかったり、
就職活動を進める中で分からないことがあったりする時は、
「就職エージェント」を活用してみては、どうでしょうか?

就職エージェントには、業界や仕事事情に精通している就職活動のプロが在籍。
仕事や就職に関するアドバイスは等もしてもらえます。

転職エージェントのオススメは「ジェイック」

ジェイックは、既卒、第二新卒、大学中退、フリーター、ニートの就職支援を

無料で提供しています。
ブラック企業を徹底的に除外していて、厳しい審査基準を基に、
ジェイックのスタッフが何度も訪問し、安心して働ける会社か、確認しています。
厚生労働省から「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者としても認定されています。

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。
72項目に及ぶ国の審査基準に合格。

『就職講座×面接会』を全国各地で開催していて、
未経験から正社員での就職成功率は81.1%です。

■対象者
・18歳〜39歳までの既卒者、第二新卒者、中退者(高校中退不可)
・フリーター、契約社員、派遣社員といった非正規での就業経験のみの方
・正社員経験3年未満の方

■ジェイックの実績
・就職成功率81.1%
・採用サービス利用企業数5,950社
・入社後定着率91.3%(2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率)

■応募可能エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡

仮に、今すぐ転職を考えていなくても、登録へしておいた方が良いです。
その理由は、今の仕事のストレス、疲労が限界に達すると、
転職エージェントに登録する気力すら、無くなるからです。

ジェイックに登録すれば、あなたに合った新規求人や転職可能な
おすすめ求人情報をチェック出来るので、今は転職しなくても登録しておくべき。

気になる求人情報をチェックしておくだけでも、
「転職」という選択肢が出来て、過労で倒れる前に、転職を出来るようになります。