それなりの理由で働かずに家に引きこもっているニートが、ふとした瞬間に
「働こう」と奮い立つケースがあります。
けれど、いざ面接試験にチャレンジしても不採用になって,
失望して引きこもりの生活に戻っていきます。

「ニートを雇用するところなんてないよ・・・」。それというのは大きな間違いになります。

いじめ、パワハラ、セクハラ、うつ病。
どのような根拠あるにしてもヒッキーしの生活を選び抜いたのはあなたですので、
この後は脱出するのも自分次第です。

 

参考 ニートから正社員は無理ゲー? ・・・それ、迷信だから

 

ニートにダントツに必要なスキル

間違いなく、コミュニケーション能力になります。
コミュニケーション能力と言ったらオーバーですが、
ごく普通のやり取りが成り立たない方が間違いなく多いです。

予期しないことを聞かれたケースで「知りません」「分かりません」の
回答で十分なのに、黙り込んでしまう。
質問に対しての答えがとんちんかんだったり、意味不明だったり。

神経を注ぐ気持ちは分かりますけど、面接試験で焦ることはないのです。
聞かれたことにストレートに回答すれば良いだけです。

かと言って、引きこもっていると喋る機会が多くないので、
コミュニケーション能力は100パーセント落ちています。
1人だけでは普通に話していると思っていても、
他人からすると「この人やばいな」と思われるかもしれません。

情報発信力をトレーニングするにはコールセンターの活用が上手くいくと思います。
商品、サービスに関して、分からない事を聞いたりするだけです。
なお一層会話を録音して聞き直すと、自分のコミュニケーションがおかしくないか、
敬語のチェックもできるというわけです。

 

「働かせて下さい」の精神で

この特徴がある方もかなりたくさんいますが、何となく上から目線の方。
人員不足から求人広告を出しますけど、企業は良い人を組み込みたいのです。
誰でも構わないから雇用するわけじゃないです。

どこの企業へ応募するにしてもしっかりと対応するのは勿論の事です。
面接試験の遅刻はNGですが、遅刻しそうなら前もって電話連絡した方が賢明です。

 

無職の経歴が不利なのは当たり前

採用されないのは経歴が原因ではないと言いますけど、
別の申し込む人と比べて、不利になるのは当たり前の事です。
ところが、それは面接する前のことです。

面接官も応募書類を見たときに、ニートに対する偏見のイメージがあるのです。
しかし面接試験でニコニコとシャキシャキと話すニートだったら、
過去の経歴なんて忘れます。「良い人見つかった♪」と思うだけなのです。

一方でションボリした表情で、モゴモゴ話ししている方の場合は、
予め感じている偏見のイメージが増幅します。
「やっぱりニートは不可能でしょ」と。

 

ニートの職業選び

職業選びは肝心だと言えますけど、用心深くなり過ぎるのもNGです。
あれこれ考え過ぎると、いき過ぎた不安感に苛まれ仕事をすることが怖くなります。
実際に仕事に就いてみないと分からないだらけです。

「この求人情報良いかも」とイメージしたら手当たり、
次第に申し込みをするぐらいで丁度良いです。

 

採用されやすい職種で選ぶ

ニートの方が社会復帰の職業として人気なポイントは
「コンビニ店員」と「警備」です。いずれも人手が足りないな
業界なので採用される確率は高い仕事になります。

採用されやすい職業を選ぶのもポイントです。
社会復帰の最初の一歩としての就職と考えてもOKですし、
構えることなく働きだした仕事が、天職になることだってありますので。

 

するのが難しくない仕事で選ぶ

「工場のライン作業」「セルフガソリンスタンド」等は、
お仕事が単純なので、軽い気持ちで応募可能です。
「セルフガソリンスタンド」で申し込みをするなら、
危険物乙4種の資格を前もって取得しておけば、採用率がグンっと上向きます。

 

ラクそうな仕事を選ぶ

「ガス保安員」「遺体搬送」等の仕事は自由時間が多いので、
現在の生活スタイルと似たみたいな感じで暮らせます。
「ニートから脱却して普通に働くぞ!」とやる気に満ちた方の場合、
退屈過ぎていやかもしれないですね。

ニートから正社員

「すぐに正社員なんて無理」と考えていないですか?

決してそうとは言い切れません。中小企業にターゲットを
限定すればニートからの正社員の就職もかなり可能性があります。
正社員だったら楽ちんな仕事はないのですが、
あなた自身にとっては、楽ちんな仕事となるになる可能性もあります。

と言うものの、正社員のみに絞って、求人情報を探すのはオススメしません。
中小企業のケースでは、アルバイト/パートの求人案件に応募したのに、
面接試験で「正社員でどうですか?」等誘われたり、
勤務状況によっては正社員になりやすいです。そのことから、
雇用形態にこだわらない転職活動が上手くいくと思います。

 

ダメ元でOK

「普通にしゃべることは無理」「就職できても続けられる自信がない」と
自分自身に 自信が持てないのは当然のことになります。

世間を拒絶した毎日を過ごしていれば、 自尊心とか希望とか跡形もなく無くなります。
であっても少し動くだけで、 ほんの少し自分に自信が生まれます。
面接試験も場数をこなすと、それなりに慣れてきますし、
面接試験に行くだけでもリハビリになります。
「不採用は当たり前、採用されたらわ~い」のつもりで数打ちゃ、いつかはヒットします。

「生きる希望が持てない」と考えているのは”生きる希望を手に入れたい”という欲望の裏返しなんです。
「ニートより仕事に就いていた方が楽だな」と過去にニートだった私自身は思いました。

 

ニートから社会復帰ができない人の特徴 

「ニートから社会復帰できない方の特長ってどうなのだろうか」と引っかかりませんか。

人事担当者をおよそ10年間やった立場からしたら、
ニートから社会復帰できない方はネガティブな人が多く、仕事に偏見があると言えます。

具体的に言うと、次のような方です。

  • 後ろ向きな方は社会復帰できない
  • 過去を引きずる人は社会復帰できない
  • 仕事に偏見がある人は社会復帰できない
  • 行動力がない方は社会復帰できない
  • 反省できない方は社会復帰できない

それぞれに関して説明します。

 

特徴1:ネガティブなニートは社会復帰できない

ネガティブなイメージで就職活動をしているニートは
まず社会復帰が出来ないと言えます。

ニートになってしまった、とショボンとした気分を持つのじゃなく、
ニートであった事実を充電期間だったと妥協して、
アグレッシブに考えることです。

ネガティブになったら、面接官にも顔色が悪い、
気概のない等と見なされて面接試験で落とされることになります。
それだけは避けるようにしましょう。

 

特徴2:過去を引きずるニートは社会復帰できない

面接試験の場で過去を引きずる人は、まず社会復帰がハードルが高いといえます。
過去には難関大学に行っていたのに、就職氷河期でしくじって、等、
過去を引きずっても1円の得もしません。

過ぎ去った日々を引きずるのではなく、この先に目をむけるようにして下さい。

 

特徴3:職種に偏見がある方は社会復帰できない

工場や営業職という職種に偏見がある方は社会復帰がハードルが高いといえます。
私も大卒でメーカー業務でしたが、試用期間中は工場で
フォークリフトを作成したりしていました。

営業体験で現場周りをしたこともあります。
どのような職種にもそれぞれに 醍醐味があって、底辺であるような職業はないです。
職種に偏見を持つのではなく、好きなことを見極めて下さい。

 

特徴4:行動力がない方は社会復帰できない

ニートから社会復帰するケースでは重要なのは、行動をすることです。
行動力がなければ、社会復帰は困難であるといえます。

行動力と言っても大したことではなく、
スーツを購入してきて履歴書を書いて面接試験を受けまくるのみです。

こうした就職活動としては当然のことも「どうせ受からないから」等
と理由を作り、動かないニートが失敗するパターンとして多いです。

ニートから正社員の就職を志すなら、悩む前に仕事をすることが欠かせません。

特徴5:反省できない方は社会復帰できない

反省出来ないニートは社会復帰するのができません。
ニートであった期間を開き直るのではなく、反省をして振り返り、
次からはちゃんと仕事に就いて行動をしようという風に考えるみたいにしてみて下さい
後悔をするのはやめて、ちゃんと反省をしてみることに注意しましょうね。

ニートから社会復帰ができない方の特徴まとめ
  • 後ろ向きな気持ちで就職活動している方
  • 過去を引きずっている方
  • 職種に偏見がある方
  • 行動力がない方
  • 反省できない方

次いで、ニートから正社員に就職がうまく行く人の特徴を紹介します。
原則的には前向きな方が好かれますため、
特徴を知って、できる限り参考にしてみて下さい。

 

ニートから正社員になるのは無理?

ニート本人のみならず、世間一般でも「ニートから正社員の就職するのは無理」
と考えている方は多いのではないかと思います。
ニートというのは、就職や就学、家事、就業訓練をしていない人を意味していて、
「自宅でダラダラしている人」「仕事ができるのに働かない人」という印象を抱かれていると思われます。
それから、ニート本人も「どっちみちニートだから」等、
ネガィブなイメージを持つ傾向にあるので、正社員の就職に対して消極的になる人が多いそうです。

ところが、ニート経験の有無とは関係なしに、年齢が若い間は採用の壁はそこまで高くないのが実態です。
とりわけ20代だったら、経験やスキルがなくても「若い年齢」と
「ポテンシャル」で正社員の就職ができる・・・といった場合もあるります。

一方で、年齢が上がれば上がるほど、ビジネス経験や技術を必要不可欠なので、
採用の壁ハードルはめっちゃ上がり、正社員での就職出来なくなる傾向。

上記のことから、年齢が若ければ、
ニート経験があったとしても正社員の採用の可能性はあると言えます。

 

何故正社員での就職は無理と感じる?

現実的にはニートから正社員の就職が叶うくせに、
「正社員の就職は無理」と考えてしまうニートは大勢いるのが現状。
どういう理由で正社員での就職は無理だと考えてしまうのでしょうか。

【正社員の就職は難しいというイメージ】

正社員の就職として雇用されるのは難しい、といった先入観を持つニートは多いと思います。
その理由に、「新卒採用を重視している」「学歴や経歴を調べられる」
「相応しい人材しか採用されない」などがありますが、
全部の会社が上記に該当するとは限りません。

【就活する前から諦めている】

「どっちみち応募しても採用されない」「ニート歴があるから書類選考で落とされるかも」等、
リアルに行動する前から正社員での就職を諦めてしまうニートもいませんか。
ニート歴がある方を採用するか否かは、会社が決めることですし、
どんな所を重視して雇い入れるかは会社によって違うものです。
このため、自分で「正社員での就職は無理」と決めつけてしまうのは、勿体無いと断言します。

ニートが就職するのは無理、というのは、先入観や決めつけであるのが殆どのケース。
このため、勇気を持って就活をスタートさせたら、
意外にいとも簡単に正社員での就職が決まった・・・といったケースも少なくありません。
ところが、ニートの間でも年齢が高いケースは、正社員での就職が難しいことも。
しかし、仕事を選ばず視野を広く持ったり、
職種に対する条件を緩めたりしたら、出来ないことはありません。

「ニートに正社員の就職は無理」というのは、イメージで、
実際にはニートから正社員での就職を成功させている方は沢山います。
正社員での就職に成功するポイントの1つに、
「採用されやすい求人案件を狙う」というのがあります。
ニートから採用されやすい求人案件の特徴を紹介してきたいと思います。

未経験可の求人案件

ニートの中には正社員での就職経験があまりなかったり、
完全になかったりする人が多いので、未経験可の求人案件を見つけるのがポイント。
未経験可と謳っているということは、会社内の教育制度や
研修体制が整っていると捉えることができます。
未経験者を採用してしっかり育てる環境がある会社だったら、
職務履歴やスキルがないニートの人だとしても採用されやすいです。

学歴不問の求人案件

中には一流大学等を卒業した「高学歴ニート」と呼ばれる方もいますが、
ニートの人の学歴は中卒から大学院卒まで広い範囲にわたります。
特定の学歴を要求されるケースは、それ相応の能力も求められるので、
仕事をすることに対して自信が持てない人は、学歴不問の求人案件を選ぶのが良いです。

人材不足の求人案件

人手が足りていない求人案件を選ぶのもポイントです。
ここ数年人材不足と言われているのは、介護福祉や運輸輸送、ITといった業界。
仕事が多いにも関わらず、就職希望者が少ないので、
仕事に対するヤル気があったら学歴やスキルは重視されず、採用されやすいです。

 

したい仕事やどうしてもやりたい事がない人は、
上記のような採用されやすい業界・求人案件を選んで就職活動するのもOKです。

就職活動は準備が命

からきし準備をしないで就職活動をすると、
希望しているような結果を出せずに行き詰まることも。
就職活動は事前の準備を通じて結果が左右されるので、
以下の内容を参考にきちんとすることをおすすめします。

体調面

ニート生活をしているとアンバランスになった生活になりがちなので、
日々の習慣を改善することが大事。
起床・眠る時間を調節する、食事の時間を設定する、定期的に外出や体力作りをする等、
暮らしにリズムをつけて一定の日々を過ごすよう心がけます。
安定している日々の習慣を身につけていたら、
正社員での就職後の毎日の変化にスムーズに対応できると思います。

出費面

就職活動には、履歴書等の必要書類やスーツを準備するコストのみならず、
面接試験に足を運ぶ時の行き帰りの足代等が必要です。

それから、1日に数社の面接試験をこなすケースは、昼食代といった食事費用がかかることも。
どの項目に幾ら必要なのかを調べ、お金の捻出方法を決めておいた方が良いです。

 

メンタル面

「自分はニートなので不採用でもしかたが無い」等の消極的な考え方は控えること。
「将来のために貯金◯◯円を貯め込む」「手に入れたかったものを買う」
「資格を取る」のように、仕事をする目的をクリアにするのが上手くいくと思います。

データ面

自己分析をして、自分にはどのような会社や仕事がフィットするのかを明らかにしたり、
企業研究をして企業の事業内容や特質、将来の見通しを把握したりすることがポイント。
その他、自己分析の結果と企業研究の結果を比較して、
自分に合った会社を見つけること、どんな点が自分自身の強みなのかをクリアにすること、
どういう理由でその会社を選んだのかを、
ハッキリと答えられるようにしておくのもポイントになります。


・・・お構い無しに応募しても、上記で述べたような準備が整っていないと
採用につながらない可能性も。
「ニートから脱却する」という強いハートと十分な準備が、
正社員での就職がうまく行くキーポイントだと言えます。

 

転職したいなら「DYM転職エージェント」がお勧め

このステップまで、 読み進めて、これを読んでる貴方は、
おそらく転職活動に真面目に取り組みたいと考えていると思います。

そういう人には、転職エージェントを利用することが、お勧めです。
転職エージェントというのは、就職・転職をしたいと検討してる方のために、
その人にマッチした求人を案内してくれる無料の転職支援サービスです。

ハローワークに当てはめて言うと、相談員にあたる「エージェント」が
専属で付き添ってくれて、面接対策や相談等に乗ってくれます。

代表的な転職エージェントには、「DYM転職エージェント」などがあります。
その「DYM就職」のエージェントは、求人を出している会社に、
直接足を運んで、継続的に情報交換をしています。

なので、求人企業が出してくる数字上の情報だけでなく、
「実際の残業時間」「有給消化率」「現場の雰囲気」「人間関係」等も
把握し上で、求人案内してもらえます。

仮に、いま転職する気がなくても、転職サイトに登録しておいた方がいいです!
なぜなら、ストレスや疲労が限界に達すると、
転職エージェントに登録する気力すら無くなるから。

それに、気になる求人情報をストックしておくだけでも「転職という選択肢」生まれて、
過労で倒れる前に、転職という手が打てるようになります!


もちろん、「DYM転職エージェント」は登録無料。
あなたの条件にあった新規求人や転職可能な、おすすめ求人の案内が届くから、
今は転職できなくても登録しておくべき!

優良な求人情報が集まる転職エージェントの「DYM転職」の登録はこちら。