20代の正社員の生活費はいくら必要?上京した場合・・・

20代フリーターで上京を想定した場合、仕事はすぐに探し出せるのか、
生活費はどの程度掛かってくるのか等、
色々な不安を感じる人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
20代フリーターの上京について、次にあげることを頭に入れておきましょう。

  1. 計画性を持って上京しないと失敗リスクが増す
  2. 東京は物価や土地が高いので極端にお金が必要
  3. コツコツ生活を安定させていくことが大事

20代フリーターが上京前に感じる疑問に回答していきます。

上京前に用意しておくこと

上京するのでありますと、預貯金や仕事探し等きちんと準備して、計画性を持つことが重要となります。
無計画で上京したら、仕事がそう簡単には探し出せず、預貯金が尽きてしまう可能性があります。
何となしに東京で過ごしたいという見解では、お金をだらだらと使い果たすことになるでしょう。
上京前に、次にあげるような準備をすることが重要です。

十分なお金を下準備する

とりわけ、20代となれば預貯金がまだまだ貯まっていなくて、資金に不安感を感じやすいものです。

上京には、交通費が必要となるだけじゃなく、多額な引っ越し費用が必要です。
東京からの距離が遠いほどに、必要資金が増すので、プランを立てて貯めておく必要があります。
それから、敷金や礼金、仲介手数料等、賃貸物件を契約した際の初期費用も用意しておきましょう。

その上、病気やケガで働けなくなっても、生活が破綻しないだけの預貯金も必要です。
これらを踏まえると、100万円位は必要になります。上京のために、
高い収入のアルバイトしたり、実家で生活費を抑えたりした方が良いでしょう。

高収入のアルバイトだったら、期間工の仕事がオススメです。
期間工の仕事は力仕事に分類されますが、体力に余裕のある20代だったら、
択肢の1つとなると思います。期間工の仕事に就けば、
年400~500万円を貯金できるケースがあります。

採用を決定してから上京する

首都圏で働ける会社を見つけて、実際に採用が決定してから上京しましょう。
収入がないまま上京しようにも、賃貸物件の審査にパスしない可能性が高くなります。
フリーターは正社員と比べると、審査が厳しくなります。
それから、賃貸物件を加入できても、思っている以上に仕事探しに時間がかかったり、
そう簡単には採用されなかったりして、暮らしが困窮する可能性があります。

しかし、現住所が東京から離れていて、賃貸物件も加入していない状況では、
採用をためらわれえるケースもあります。実際に上京できることが決定していない状態では、
アルバイト先が限られてくるはずです。

安定した生活をスタートできる代わりにアルバイト先を妥協するか、
上京してからアルバイト先を探すか選ぶことになります。
それでも、そう簡単には審査がパスできず、状況の時期が遅れてしまう可能性があります。

生活費を正しくチェックする

東京と現在住んでいるエリアの物価が違うケースでは、
生活費を正しくチェックするようするようにしましょう。
とりわけ、田舎と東京では、生活費がどーんと違います。
予想以上に生活費がかかり、生活できなくなることがあり得ます。

東京の一人暮らしに必要な生活費の参考

東京の一人暮らしで気を付けたいのは、スポットによっては賃貸料が高くなることです。
生活費の目安を詳しくみていきたいと思います。

賃貸料・・・6万~8万円
食費・・・3万~3.5万円
光熱費・・・6,000~8,000円
通信費・・・5,000~8,000円
交通費・・・3,000~4,000円
保険、年金・・・2.5万~3万円
娯楽費・・・5,000円

合計・・・13.4万~17万円

こういう場合、15万円ほどの収入では、ぎりぎりの生活になるか赤字になると思います。
このため、20万円程度の収入は必要かも知れません。
それから、仕事した状態で自炊できない場合、
ついつい外食が増えるので、生活費がなお一層いります。

理想的な生活費の内訳ではなく、自分の状況に合わせた現実的な生活費の内訳を算出しましょう。
20代だったら、まだまだ高校や大学の頃の友人との交友があって、
交際費が予想以上にかかるケースもあります。

上京して生活環境を整える方法

円滑に上京して生活環境を安定化させたいケースは、まず十分な軍資金を作らないとなりません。
そのうえで、この次のように上京の準備を進めていくことが重要です。

賃貸物件の保証人を頼んでおく

賃貸契約では、基本的に保証人が必要です。
特に、フリーターのように収入が不安定な場合は、複数人の保証人を求められる傾向があります。
20代フリーターの場合、多くは親を保証人にします。
保証人は2人必要な場合が一般的のため、両親ともに上京への理解を求めておきましょう。
揉めてしまうと、保証人になることを拒否される可能性があります。

なお、保証人をつけられなくても、保証会社を利用できる場合もあるため、
過度な心配はいらないでしょう。物件によっては、
保証会社の利用を認めておらず、選択肢が少なくなります。

まかない付きのアルバイトを選ぶ

昼食や夕食などのまかない付きのアルバイトだったら、食費をカットできます。
無料のケースもあれば、お店で提供している料金の30~70パーセント程度の場合もあるので、
予めチェックしておきましょう。具体的な金額については、
求人票に載せていないことが一般的なので、気になる時は電話やメールで予めチェックしておいた方が良いです。

まかないが付いているか否かで、食費が大きく変わります。
お弁当を作ったり自炊したりする余裕がないからも、まかない付きだったら、
食事に高いお金をかけることもあり得ません。

賃貸料が安い地域に住む

賃貸料は、固定費の中で一番割高になるので、なるべくセーブしたいところでしょう。
けれども、上京に対して憧れを持っている場合、
少なくとも東京23区内で仕事したいと思っている方が多いのではないかと考えます。

東京23区は、他のエリアよりも賃貸料が高い傾向があるので、
その中にあっても安いエリアを選ぶことが欠かせません。
賃貸料が高いのは、港区や千代田区、渋谷区、新宿区、目黒区等があります。
対して賃貸料が安いのは、葛飾区や江戸川区、足立区、板橋区、練馬区などがあります。

参考 東京23区の賃貸料相場情報/ライフルホームズ

ゲストハウスからスタートするのも1つの方法

とりあえずはゲストハウスからスタートするのも1つの方法です。
ゲストハウスは、3~4人が1つの建物に住む仕組みで、キッチンや風呂、
トイレなどが共同になっています。自分自身の専有スペースはベッドの上のみである等、
不自由な感じになるケースがありますが、気にならないのであれば、
フリーターの大きな拠り所となるでしょう。

20代フリーターは首都圏で生活して行ける

20代フリーターが首都圏で生活していけるかというと、
生活費をセーブして、まかない付きアルバイトを選ぶ等したら、
問題なく生活していけるでしょう。しかし、自由に使えるお金は限られるので、
固定費をきちんとセーブして、無駄づかいをしないことが欠かせません。

せっかく上京しても、窮屈で不自由な暮らしを強いられては、
元の生活に戻りたくなることだってあります。

それから、十分な収入を得られる仕事を探しだすことが何よりも重要です。
十分な収入があれば、生活の様々なシチュエーションで選択肢が多くなって、
上京の目的を達成しやすくなるでしょう。

上京と一緒に正社員を志すことで安定的な生活が実現

お勧めは、上京を契機に正社員を志すことです。
首都圏には、正社員採用している会社が数多く、想像以上に円滑に就職できる可能性があります。
それから、賃貸の審査も通りやすくなるので、上京後の暮らしも充実すると思います。

無理に上京してアルバイターを続けても、精神と身体を消耗してしまいがちです。
30代、40代になってから正社員を目指そうにも、ハードルがいとも高くなってしまいそうです。

それから、上京の際にアルバイトを一人で見つけるのは、
土地勘がないのでかなり労力がかかります。
正社員を志すとしたら、各地に拠点のあるキャリコンやエージェントを活用することが可能です。

地方にいながらも就職活動が可能なうえに、
各企業の人事とネットワークを持つ担当者が仕事内容のより詳細な情報を教えてくれるので、
自分で就職活動をするよりも、自分にマッチした企業に就職できると思います。

【正社員として上京する場合の強み】

  1. 賃貸審査に通りやすくなる
  2. 地元にいながらも転職の専門家に仕事の相談ができる

真剣に就職・転職したいなら「転職エージェント」がお勧め

このステップまで、 読み進めた今コレを読んでる貴方は、
おそらく転職活動に真面目に取り組みたいと考えていると思います。

そういう人には、転職エージェントを利用することが一押しです。
転職エージェントというのは、就職・転職をしたいと検討してる方のために、
その人にマッチした求人を案内してくれる無料の転職支援サービスになります。

ハローワークに当てはめて言うと、相談員にあたる「エージェント」が付き添って、
選考対策や相談等に乗ってくれます。

代表的な転職エージェントには、「DYM就職」などが挙げられます。
「DYM就職」のエージェントは、求人を出している会社に、
直に足を運んで、継続的に情報交換をしています。

なので、求人企業が出してくる数字上の情報だけでなく、
「実際の残業時間」「有給消化率」
「現場の雰囲気」「人間関係」等も
分かった上で、求人案内してもらえます。

そして「DYM就職」では「書類選考なし」で、面接までこぎつける事が出来るんです。