20代だったら正社員での転職は可能だ!と考えますよね。
確かに他の年代とは違ってれば求人の数は豊富にあります。

かと言って、どなたでも正社員として転職できるかと言ったら、
その点はやっぱり押さえていた方が良いポイントがあります。

ここでは20代女性が正社員で転職する時に、知っておくべき知識をご案内させていただきます。
女性が転職を考える原因や抱えている心配から、転職成功のコツを見極めていってくださいね。

女性が転職を考える3つの不満点

女性が転職を考える理由を見ていきたいと思います。

《お給料や待遇》
勤務内容と比べても、給料を少なく感じている女性が多数いる結果が出ています。
とりわけ営業部の女性は、優秀な成績を収めても評価基準が厳しく、
ボーナスや昇給に反映されてにくい状況に不満を感じる人もかなりいるみたいです。

《この先のキャリア》
20代で関心があるのは、この先のキャリアになります。
結婚や出産等のライフイベントを迎えても、今の仕事を継続できるのかどうか、
不安がある女性も多数いる結果が出ています。

《仕事内容》
現在の職場では将来を見据えてのキャリアアップができない
という心配を持っている女性も多数おられました。
現在の職場では、その問題をクリアすることが難しいと感じ、
転職を決心する女性が増加しています。

転職活動で心配になっている点

次いで、転職活動で不安を感じることを見ていきたいと思います。

◆転職先が探し出せるかどうか
引っ張りダコと言われる20代であったとしても、自分にピッタリの転職先が探し出せるかどうか、
不安を感じている人は大半なのではないかと思います。
現在の職場に比べて仕事に面白味があって、
加えて収入もUPする会社を見つけるのは簡単なことではありません。

◆転職先でうまくいくかどうか
20代だったら転職活動が初めてというケースも多いので、新しい就職先になじめるのかどうか、
人間関係や仕事の進め方等に不安になる人もいます。

◆きちんと辞職可能かどうか
辞める時に、上司や同僚から引き留められる可能性はかなりあります。
20代と言ったら仕事を覚えて、これから飛躍できる時期なので、
希望するような期間で辞職できるかどうかは自分の交渉にかかってきます。

20代女性の転職を叶えるコツ

こちらでは、20代女性が正社員として転職成功するコツを見ていきたいと思います。

◆転職の相談ができる人を探す
知人や友人等、転職の相談ができる人間を1人は探し出しておいた方が良いです。
転職活動に取り組んでいると、思い通りにならないことや戸惑うこともあります。
そんな時に心の底から相談できる人物がいたら、強力な支えになります。
けれども今の仕事で関わりのある人はできるだけ避けるか、
信用できる人だけに限る方が良いと思います。

◆20代女性に最適な転職サイトを利用する
今では転職サイトは数多くありますが、情報収集には重要な位置づけです。
その中においても、20代女性の転職に適したサイトを利用しましょう。

◆転職先が決定してから辞める
辞職することを上役に伝えると、おそらく間違いなく止められると思います。
このため、次の新しい就職先が決定してから辞めることを言うといいでしょう。
転職先が決定していたら、何を言われたとしても自分の決断が動揺することがないです。

退社を引き延ばされて、そのまま転職できない・・・なんてことにならないためにも、
転職先を見つけることを最優先させることが重要です。

・・・いかがでしょうか。

20代女性の転職は目白押しですが、自分にピッタリの転職先を探し出すには、
心得ていた方が良いポイントがあるのです。
この記事を参考にして、正社員への転職を実現させて下さいね。

真剣に就職・転職したいなら「転職エージェント」がお勧め

このステップまで、 読み進めた今コレを読んでる貴方は、
おそらく転職活動に真面目に取り組みたいと考えていると思います。

そういう人には、転職エージェントを利用することが一押しです。
転職エージェントというのは、就職・転職をしたいと検討してる方のために、
その人にマッチした求人を案内してくれる無料の転職支援サービスになります。

ハローワークに当てはめて言うと、相談員にあたる「エージェント」が付き添って、
選考対策や相談等に乗ってくれます。

代表的な転職エージェントには、「DYM就職」などが挙げられます。
「DYM就職」のエージェントは、求人を出している会社に、
直に足を運んで、継続的に情報交換をしています。

なので、求人企業が出してくる数字上の情報だけでなく、
「実際の残業時間」「有給消化率」
「現場の雰囲気」「人間関係」等も
分かった上で、求人案内してもらえます。

そして「DYM就職」では「書類選考なし」で、面接までこぎつける事が出来るんです。



20代女性なら正社員として転職するべき?

正社員は育児休業や賞与等の福利厚生が充実していて、給料も安定していますが、

●仕事がハードで精神面に負担が重い
●時間外労働が断りにくく、プライベートを充実できない

というシビアな側面があるのも事実。
ここ数年は非正社員や派遣社員であっても、正社員と収入が変わらない会社もあるそうです。
「だとしたら、非正社員や派遣社員として働いてもいいんじゃない?」だと考えませんか。

とりわけ20代の女性だったら、正社員より待遇がよくなくても、
定時で帰れて会社に縛られない非正社員や派遣社員の方が
メリットがある印象を持つかもしれないですね。

そういうわけで、非正社員や派遣社員の特徴を把握して、
この先の自分のワークスタイルを考えるところからはじめましょう。

契約社員と派遣社員の特徴

契約社員

契約社員いうのは、雇用期間が決まっている従業員のことで、会社との直接契約になります。
契約で設定された期間に働いて、契約期間が終了したタイミングで更新しないと、
その会社での契約は完了です。
契約期間は一番長くて3年間。業務内容も限定される場合が大半です。

派遣社員

派遣社員というのは、人材派遣会社から仕事の紹介によって、
それぞれの会社に「派遣」される形式で仕事をする雇用形態。

給料は契約社員や正社員みたいに派遣先の会社じゃなくて、
派遣元の人材派遣会社から払われます。
まず人材派遣会社に契約を結んで、人材派遣会社の担当者から派遣先の会社を紹介してもらえます。
そこから派遣先とのマッチングが成立したケースのみ、
人材派遣会社と雇用契約を結び就労といった形態になります。

余談ですが、20代の非正規雇用で仕事をする人の比率はおよそ34パーセント。
3人に1人が非正社員や派遣社員等の非正規雇用に勤務していることになります。

安定した収入と福利厚生が希望なら正社員に転職するべき

安定した給与、昇格の可能性、育児休業等の充実した、福利厚生そして社会的信用という点から、
やっぱり正社員になりたいと考える人が多いと思います。

ここ数年は結婚をしても退職することなく仕事継続したり、
育児休業をとって再び復帰するといった女性も多いです。
ですので、転職するにしても正社員として、再就職を希望する人は多数います。

けれども、正社員の求人で自分の条件にマッチした企業を探し出すこと、
さらにその会社に正社員として転職するには時間もエネルギーもかかるのが現状です。
より一層のキャリアアップを求めて、正社員として転職するなら、
現在の職場にいながらじっくりと転職先を考えると良いと思います。

正社員の転職で分からないことがあれば、
「転職エージェント」にアドバイスを求めると早く解決するかもしれません。
個人個人に適した求人の案内は言うまでもなく、転職活動のアドバイス、
履歴書添削、面接対策まで対応しているため、生まれて初めて転職をするという人や、
手間無く転職したいという人に利用価値が高いです。