ハローワークの時間外労働なしの求人の嘘を見破るテクニック

時間外労働が多すぎて辛い。
だから仕事を変えたい。
転職のきっかけが「残業時間」の方もいるだろうと思います。

私は転職回数が多いが、その内一社を退職した理由がこの時間外労働地獄です。
まだ20代でしたし、体力はある方だからどうにかなるだろう、
と高をくくって仕事していたんです。

残業時間は、1ヶ月に100時間以上で、最高では150時間をオーバーしていた。
いっぱい残業をしている方はイメージしてくれると思うけど、
残業は80時間を超えだすと削れる時間がなくなる。

家に帰ってご飯を食べ、お風呂につかると布団に入るだけになる。
残業時間が80時間から90、100になってくれば、削るのは睡眠時間のみになる。
そういった状況に勤務していた時に、ふっと思ったことは
「この先も40歳50歳まで勤められるのか?」ということ。

リアルにその会社には40歳をオーバーしても、
時間外労働100時間している方はいたんだよ。

けれど、ファミリーや友人との関係がまともだと感じられなかった。
そういう不安から脱するために転職しようと試みた。
「しかし、転職しても変わらなかったらどうしよ・・・」と苦悩した時期もあったのです

そこで、今回は転職先の残業時間を調べる方法。
求人情報に記載されている時間外労働の嘘を暴く方法。
また同時に、会社がどうして残業時間の嘘を付くのか?について書いていくよ。

 

なぜ会社は残業時間についてウソをつくのか?

この理由はあなたも察している通り、イメージの問題が1つ。
ブラック企業というワードが生まれて、労働問題による自殺者がニュースでデカく取り扱われ、
イメージを気にする会社も増えてきた。

気にする会社が多くなったのは、会社員からすればいい事ですよね。
けれど、それにより隠す会社も増えている。

余談ですが上記に書いた100時間時間外労働した企業の求人には、残業40時間と書かれているよ。

それともうひとつ問題になるのは、労働基準法。
そもそも時間外労働地獄の企業は労働基準法を違反している企業がたくさんある。

違反の実態を形として残される求人情報の紙媒体や
インターネットに残したくないというのが正直なところ。

ブラック企業の報道は、働く人の体や健康を守るためにしている。
労働基準法は働く人の体や健康を守るための法。

けれど、この2つの理由が本当の時間外労働時間を
隠さざる得なくなっているのが本当のところなんですよ。

働く人からすれば「違法?知らん。知らんけど残業時間を80時間さえも正確に書けよ。
こっちにも覚悟がいるんだよ!」である。

 

求人情報に載せてある残業時間に嘘はない、とあいまいにするテクニック

求人情報の募集要項に載せている時間は時間外労働40時間。
しかし、実際に入社したところ時間外労働は80時間。

このことは勤務する人からすれば「嘘じゃん!」という話になる。
しかし、明らかな嘘を付くほど企業もアホじゃないんだよ。
ほとんどの場合は、言い逃れできるように考えてある。

その方法の1つは、企業全体の平均時間を記すこと。
企業というのはすべての部署が時間外労働が多いわけじゃない。
多くのケースでは、特定の部署の時間外労働が多くなってしまうんだ。

収益に関わりが無い部署は時間外労働が少ない。

したがって残業100時間こなしている隣の部屋は定時に家に帰っている。
そういったケースでは平均化して残業を薄める、といったテクニックがある。

例えば1人が残業80時間、もう一人は残業0時間の場合では、平均したら残業40時間になる。
すると「求人の内容の上では、ホワイト企業の出来上がり」である。

または、もうひとつのやり方。

これは8月の時間外労働時間を記帳すること。
工場系の会社にしばしば見られるけれど、工場関係は祝祭日がない代わりに長期連続休暇が長い。
正月・GW・お盆時期の年三回は、1週間くらいの連続休暇になる。
この三回の長期連休の内、月を跨がないのは8月のみ。

正月休みは12月~1月だから月をまたぐ。
春の大型連休も4月~5月だから月をまたぐ。
けれどもお盆休みは8月のみ。

すなわち8月は勤務日数が大きく減少するんだよ。

勤務日数が減少したら、当然ながら時間外労働も減る。
「残業40時間なんて嘘じゃん」って言われたとしても
「8月の残業時間を載せた」と理屈付けが出来る。

・・・まぁ、こすいテクニックですよね。

転職者はこうしたテクニックにダマされて欲しくはない。
そういうわけで、自分でできることはして対策しないとね。

転職先の残業時間は自分で調べて推測せよ!

どのような人も転職先の時間外労働量をラクラク調べる方法。
それというのは会社に探りに行くこと。
こういうのって「誰もがしているんだろう」と思っていたが、友人達に話を聞いたらしていない人が多い。

一例として、残業40時間と記載してあったら、21時頃にその現場に行ってみる。
そして、会社の窓から漏れる光だけじゃなくて、パーキングエリアのクルマの台数を確認する。
21時でパーキングエリアにクルマが1/3くらい止まっていたらアウト確定。

会社の一円をウロチョロすると怪しまれる、と心配する方は服装を変えよう。
ちなみに、会社が郊外としたら、土木作業員の形態がイチ押し。
オレの場合では、親友に作業着を持っている人がいたので借りた。

これって、利用しやすいんだよ。
道路上に立っていても「真夜中に工事でもあるのかな?」と思われるぐらい。
キョロキョロしていても違和感なし。

街中に会社があるケースではスーツ。
左手にバッグ所持して、右手に手帳を開きながら、キョロキョロしていても
「どっかの会社を探し回っているんだろう」という風にしか見られないよ。

しかし、勤めながら転職活動して、現在の会社が時間外労働地獄だと暇がない。
そういう人はの場合の対策は次の項目で紹介する。

入社希望の会社に電話で残業量を直接聞け!

現職がてんてこ舞いで、直接転職先の会社にいけない方は電話をしてみてください。
「え?なんて電話かければ良いの?」という言う方もいると思います。

かなり簡単で、その仕事に用がある会社のフリをしたら問題ない。

誰か宛に電話をかけるのか? これは「担当者様」
ポイントは「やはり既に家に帰っているだろう」と考える時間に電話をする。

しかしながら2~3人は残ったままである可能性はある。
そこで電話を取った人に 「○○会社の○○と申します。
本日初めて電話させて貰うのですが、○○の担当者様いらっしゃいますか?」と言う。
○○は商品企画でも販売でも開発でもなんでもいい。
自分の目指す部署に通じるようにテキトーに言う。

相手が「本日はその担当部署の人間は帰宅しております」と話されたら幸い。
「いつもは、いつごろまでいらっしゃるのでしょうか?」と聞くとOK。
その部署の時間外労働時間は決定的になったようなもの。

仮に「少々お待ちください」と言われて大丈夫だ。
電話代わった相手に◌◌関係の会社だと伝えた後に
「その地域を回った際に、ご挨拶に伺いたいと思っています。

後日、アポイントメントのお電話させて貰いたいのですが、
普段はいつごろまで会社にいらっしゃいますか?」と聞いたらいいだけ。

あまり考えられませんが「かたくなって電話できない」とか
「万が一にも、声でバレたらどうしよう」って思う方は、お友達にお願いしたらしてくれるよ。
お友だちにこのページ見せて「電話してここの部分を読んでくれ」と言えばOKです。
実際に俺も友人にお願いされて電話したこともあるしね。

高校中退で正社員の面接に通る秘訣!これを読めば就職成功

 

マジに残業が嫌な人は内定後に再度確認せよ

面接の時に「時間外労働時間は何時間ですか?」とは聞きにくい。
まだまだ「残業できない=やる気がない」といった印象を持っている人がいる。
「そのイメージがおかしい!」文句言っても始まらない。
面接の時は「内定を出す・出さない」の決定権は会社サイドにある。

内定を出した後は「入社する・しない」は決定権はこっちサイドにあるのだから、
その上で会社と五分五分な立場になる。
入社前の最後のチェックチャンスは面接時ではなくて、内定後ですよ。
時間外労働のみをチェックするのは案外簡単。

「もうライフワークバランスもクソもない仕事場に転職は無理」
という方は、トライしてみてくれ!

真剣に転職したいなら「転職エージェント」がお勧め

このステップまで、 読み進めた今コレを読んでる貴方は、
おそらく転職活動に真面目に取り組みたいと考えていると思います。

そういう人には、転職エージェントを利用することが一押しです。
転職エージェントというのは、就職・転職をしたいと検討してる方のために、
その人にマッチした求人を案内してくれる無料の転職支援サービスになります。

ハローワークに当てはめて言うと、相談員にあたる「エージェント」が付き添って、
選考対策や相談等に乗ってくれます。

代表的な転職エージェントには、「ネオキャリア」などが挙げられます。
「ネオキャリア」のエージェントは、求人を出している会社に、
直に足を運んで、継続的に情報交換をしています。

なので、求人企業が出してくる数字上の情報だけでなく、
「実際の残業時間」「有給消化率」
「現場の雰囲気」「人間関係」等も
分かった上で、求人案内してもらえます。