20代前半の高卒が転職を成功させるコツ!

転職をしたいが、高卒学歴では書類選考であっけなく落とされてしまうんじゃ・・・と、
コンプレックスとなっていて転職に踏み切れない人もかなりいるかも知れません。

20才を越えた高卒転職者が、さしあたってクリアしないといけないのは、書類選考になります。
このページでは書類選考をクリアするために抑えておくべきポイントを幾つかご案内します。
採用担当者に「会ってみたい」と思われる書類を作ることにより、転職成功に近づきますよ。

20代高卒の転職に成功するカギ

学歴不問で採用してもらえる業界・業種を狙いエントリーするのが、転職に成功するカギになります。
そこで、以下に学歴不問の業界を一覧にしました。

●外食産業
●介護産業
●製造業・工場
●営業職
●アミューズメント産業
●IT産業

外食産業や介護産業は労働力不足の会社もたくさんあるので、
学歴やキャリアは不問で採用してもらえることがほとんどです。
IT産業は実力主義の業界ですので学歴不問の企業がほとんどを占めます。

とりわけプログラマーやウェブデザイナーはスキルに元づく採用や
ャリアアップが行われやすい業種なので、 スキルがあればIT産業への転職も可能だと言えます。

これに対してオフィスワーク系の業務は大卒以上の条件を定めていることが多く、
高卒者の転職はハードルが高いと言えます。

注意点として、学歴不問の会社の中には過酷な労働条件のブラック企業が潜んでいることもあります。
いき過ぎた残業・上司からのパワハラ、面接の時に確認した給料と異なる等、
学歴不問の会社の中には過酷な労働条件のブラック企業があることも割とあります。
なので、入社前に違和感を感じたら気を付けましょう。

20代の転職に特化した転職エージェントを利用する

転職サイトはかなりの数の求人情報を調べることが可能ですが、
応募条件が大卒以上となっている会社が大半です。
なかなか希望の求人情報が無い時は、20代の転職サポートに特化した
転職エージェントの活用を検討してもいいと思います。

転職エージェントが保持している求人情報の中には、
非公開求人や大手の転職サイトには掲載されていないベンチャー企業や
中小企業の求人情報も存在します。

それからエージェントが貴方の適性から求人情報をピックアップしてくれて、
書類の作成や面接のサポートやその後のアフターフォローもしてくれます。
高卒での転職に不安がある人は転職エージェントの活用を考えてみてはいかがですか。

 

高卒で転職実現に向ける方の重要なポイント

中途入社の募集要項では、大卒以上と記載があることが多くて、
高卒者は大卒者と比べ転機は減ってしまいます。

就職でも高卒で入社できる会社は限定されているが、それというのは転職も一緒です。
高卒で転職実現を目標にする方の重要なポイントを見ていくことにします。

 

大手のの求人が多くない

大手の中途採用は、大卒以上の求人が多いです。
とりわけ金融産業や商社・大手メーカーの本社スタッフは、
中途での高卒採用はめったにないといってもいいと思います。

求人の職種に偏りがある

高卒の求人情報は事務職の仕事があまりなくて、
ガテン系の仕事あるいは営業職に偏ってしまうことがよくあります。
経理や総務等の転職を目論む方は学歴がウイークポイントになる可能性も高いです。
もしも事務系への転職したいと考える時は、簿記等の資格をものにしておいた方が良いです。

正社員の求人が多くない

事務職や営業職の求人は、正社員じゃなく契約社員の求人募集のこともあります。
求人票をよく確かめましょう。
正社員に固執する方は、ワイドな産業・業界を見ること、
いたる所の求人を探すことが重要になります。

転職先が決定するまで退社しない

現在の職場から辞職したい気持ちは分かりますが、
転職先が決定するまでは辞職しないようにした方が賢明です。
フリーターでも生活をキープすることは可能ですが、
キャリアにブランクの期間ができてしまいます。

面接官に「この間どういうことをしてたの?」と聞かれて納得できる理由を応えられなければ、
「会社を辞めて遊んでいたのかな?」と思われてしまいがちです。

次の新しい就職先が決定するまで、経済的にも困ってしまうので、余程の理由がない限り、
転職先が決定するまでは、現在の勤め先を退社しないようにした方が賢明です。

 

書類選考をクリアするには

20代高卒にとって、転職活動でのはじめの障害は書類選考になります。
書類選考では、履歴書や経歴の年齢や性別の他、学歴に目を通しています。

ここ数年は減っているのかもしれませんが、大学を卒業した方でも、
出身校の偏差値で落ちてしまう可能性があります
通常の採用は、「書類選考→面接→採用」となるので、面接に到達するには
「この応募者に会ってみたい」と思ってもらえるような書類を書くことが重要です。

 

作る書類は履歴書と職務履歴書

書類選考に必要な書類は履歴書と職務履歴書の2つになります。
2つがセットされているものも存在します。

●履歴書というのは、自分のこれまでのキャリアを記載した写真付きの書類
●職務履歴書というのは、自分の職務履歴についてかみ砕いて記入した書類

になります。

職務履歴書は読みやすく、細かく書く

職務履歴を書くときに重要なのは、なるべく「具体的に分かりやすく」記載するということです。
会社名だけじゃなくて、これまで取り組んだ業務内容をできる限り細かく記載しましょう。

毎日の業務の中で、どんな工夫をしたのか、どういった成果・実績を上げたのかを
プラスで記載することで、一層貴方のセールスポイントを伝えることが可能です。

 

明瞭に記載する

応募書類は、分かりやすく具体的に書くことも重要ですが、
なるべく「明瞭に記載すること」もポイントです。

採用係は貴方の書類だけに限らず、数多くの応募書類に目を通します。
読んだ際にダラダラした記述で言いたいことが分からないと、
貴方のアピールポイントをどれほど言葉にしたとしても伝わりません。
自己アピールや、志望動機は、最初に結論から記載することを意識しましょう。

 

専門用語は止める

他の業種への転職を希望しているケースでは、相手が分からないかもしれない
専門用語は使用しないようにして下さい。
あなた自身には普通のことも、担当者が専門用語を理解してなかったケースでは、
仕事内容をリアルに想像することが不可能です。

面接だったら補足説明を行うこともできるのですが、
書類では一定のスペースであなたのやってきたことに関して、担当者に理解してもらうことが必要です。
書類を書くときは相手が理解できなさそうなワードは外し、他の単語に入れ換えましょう。

 

誤字脱字をなくす

応募書類において誤字脱字がないのは一番基本的なことになります。
けれど意識していても、自分で見直したぐらいでは、
気づいてないミスをすることもありますよね。
書類を書き終わったら他の人にチェックしてもらうことで、間違いなく誤字脱字を無くすことが可能です。

ここ数年はパソコンでエントリーする会社も増えています。
パソコンでタイピングする時には漢字の変換ミスにも注意が必要です。