★ニートの社会復帰を大応援

ニートが正社員や派遣の面接に受からない対処法!

ニート 面接 受からない

この記事のまとめ

・ニート経験を持つ方でも、年が若ければ、正社員の就職ができる
・新卒しか採用されないという先入観を持っていたり、就活する前に無理と決めつけるのは大いに間違い
・就職を叶えるには、未経験歓迎の社員募集を探す、人材不足の業界に絞って就活をする

ニートからの脱出を考えた時に、フリーターや派遣という
非正規雇用に飛び付く方は少なくありません。
受かりやすい、責任が少ないという理由から、非正規を選ぶ傾向にあるんですが、
その中には「正社員を目指しているけど、採用される自信がないから」というニートもいます。

どういう理由で、ニートからいきなり正社員に就職するのは、難しいのでしょうか。
このページでは、正社員は無理だと感じる理由や実態以外にも、
就職の決め手、チャレンジしやすい求人を探すツボをご案内します。。
正社員という身分で就職したいけど、何をしたらいいのか分からない
・・・というニートの人等は役立てて下さい。

ニートが就職は無理だと思う理由

ぶっちゃけて言うと、ニートから正社員の就職を目指せると言うのに、
「正社員は無理」と考えてしまうニートは多いのが現状です。
どういう理由で就職は無理だと思ってしまうのでしょうか。

ニート本人だけでなく、世間でも「ニートから正社員に就職するのは無理」
と思う方は、多いのではないでしょうか。
ニートというのは、就職や就学、家事、就業訓練をしていない方を指し示していて、
「自宅でダラダラしている人物」「働けるくせに働かない人物」というイメージを抱かれています。
それから、ニート本人も「どうせニートだから」といった否定的な考えを持つ特徴があるため、
正社員の就職に対して、消極的になる人が多いと言われています。

けれど、ニート経験の有無とは関係なしに、年が若い間は、
採用難易度はそこまで高くないのが実情です。
とりわけ20代だったら、キャリアやスキルに自信がなくても
「若い年齢」と「潜在能力」で正社員の就職ができる、といった場合もあります。

一方で、年齢が上がれば上がるほど、職務経験やスキルを要求されるため、
採用ハードルは上がり、採用困難になる傾向。

上記のことから、年齢が若ければ、ニート期間があっても、
正社員採用される可能性はあると言えます。

『ニートは正社員の就職は無理』と言うのは話のタネ!ネット上の
書き込みを真に受けないように! よく掲示板等で
『ニートは正社員に絶対になれない』といった書き込みがありますよね。
これというのはあくまでネット上の話のタネであって、
決して真に受けないことに注意しましょう!

『確かにこれだけずっとニート暮らしが長いと正社員で雇う会社なんて無いよな・・・』
なんて考えこんで、この先の人生をすねかじりながらニートをしたり
期間限定社員や日雇いで細々と生活をすることは、すごく勿体ないです。
100パーセント正社員になれないという事はありませんから
こうした意見に惑わされないようにして下さい。

 

【正社員になるのは壁が高いイメージ】

正社員として就職するのはハードルが高い、といったイメージを持つニートは多いです。
その理由に、「新卒採用を最優先している」「学歴やキャリアに注意を向けられる」
「おあつらえ向きの人材しか採用されない」等がありますが、
全部の会社がこれに当てはまるとは限りません。

【就活する前から諦めている】

「どうせエントリーしても受からない」「ニート歴があるから書類選考で落とされる」等、
現実に就活する以前から就職を諦めるニートもいると思います。
ニート歴がある人物を採用するかどうかは、会社が決めることですし、
どういった点を重要視して雇用するかは、一社ごと違うものです。
このため、自分で「就職は無理」と判断してしまうのは、勿体無いと言えます。

ニートが就職するのは困難、というのは、固定観念や決めつけであることがほとんどのケース。
そのため、思い切ってアクションを起こしたら、
意外に簡単に就職が決まったというケースも多いです。
ところが、ニートの間でも年齢が高い人は、就職がシビアなこともあります。
ただし、職種を選ばず視野を広く持ったり、
仕事に対する条件を緩めたりしたら、できないことはないです。

 

【見た目に覇気がない】

『ニートは外見がボーっとしていて、死んだ魚の目をしている』
こうした意見を聞いた事はないですか?

ついつい生活がルーズな環境になってしまうと、緊張感が無いため、
ボーっとしてしまう事から目が死んだ魚の目なってしまうと思われます。

その他にも、あなた自身の考えが無く、『何でもいいよ…』といった無気力さが
全面に出てしまって、結果的に『やる気がなさそう』『大丈夫なのこの人?』

と、マイナス評価に繋がり、結果的に
『そんな不安面がある子を採るなら、正社員で同じ条件の子を採ろう』
と雇用に繋がらなくなってしまうのです。

こんなふうにあなた自身の思考は、必ず自分の表情に出るため、
まず第一に、上記にもお伝えした通りに『意識改革』をする事が肝になります。

自分がどんな仕事をしたいのか、なぜこの仕事を選んだのか?
どこに魅了されて、この会社に応募したのか・・・等
『ただ何となしに』では無く、あなた自身がこうであるからこうだと、
キッパリと言葉として説明する事が出来るようになると、
仮に外見が少し精彩を欠いた印象であっても話すことが、

しっかりとしているという良いギャップで
『待てよ?この人一瞬微妙と感じたけど、少し気になってきた…』
と良い印象に変わります。

 

【まずは意識の改革を】

そうだとしても転職活動をしていく過程で、『やっぱニートには就職が無理なんだ…』
と病むことだってあるでしょう。 

それというのは、ニートだから悪いのではなく、あなたの転職活動方法が
少しズレているからではないかと思われます。 

『採用を取ろう』と気持ちだけが先走っていませんか?
 採用の事だけ考えてしまい、面接試験の時に『内定を取れなかったらどうしよう…』
と気持ちが前に出てしまって、質疑応答に一貫性を無くしたり、
アピールしたい内容をしっかりと伝えられなくなります。

 打開策としてはあなた自身の意識を改革する事が一番です。
ニート暮らしを長く続ければ続ける程、ついつい意識もゆるみがちになります。
その為にも意識を改革する必要があるのですが、
たぶん『どのように改革すればいいの?』と疑問に思うと思います。 

結論から言うと、自分の考えをきちっとまとめ上げて、
その考えを担当者にきちんと言葉として、冷静に伝えられるようにする事です。 

いっぱいあるのですが、例えば転職活動に関する事であれば、

  • どういう理由から働く必要があるのか 
  • どういった仕事なら自分にできるのか
  • いずれどんな自分になりたいのか 
  • あなた自身のやりたい事は何であるのか 

これらをきちんと説明出来るのと出来ないのでは、大きな違いが出てきます。
『ただ何気なく働かなきゃと考えて』『何気無くこの仕事は簡単そうだし』
そのようにして転職活動していたとしても、いつまでも採用してもらえず、
ニート歴がいつまでも長引きあなた自身の首を絞めるだけです。 

まず、あなた自身が何をしたいのかを意識をきちんと持つことが、
正社員デビューへの門出に繋がっていくのです。

 

就職活動は下準備が重要

なんにも準備をしないで就職活動をすると、希望の結果を出せずに行き詰まることもある。
就活は事前の準備によって、結果が変わるので、以下の内容を参考にバッチリ行うことを推奨します。

【健康の面】

ニート暮らしをしていると壊れた生活になりがちなため、ライフスタイルを改善することが重要。

起床・寝る時間を整える、食事の時間を定める、きちんきちんと外出や運動をする等、
生活にリズムをつけて規則的な毎日を過ごすよう意識します。
規則的な生活習慣を身につけていたら、
入社後の生活の変化にスイスイと対応できることになります。

【費用の面】

就職活動には、履歴書等の必要書類やスーツを用意するお金以外にも、
面接に行く場合の交通費等が必要です。

それから、1日に数社の面接をこなす時は、昼ご飯代といった食事費用がかかるケースも。
どの項目に幾らかかるのかをチェックし、お金の捻出方法を決めておいた方が良いです。

【メンタル的な側面】

「僕はニートなので不採用でも諦めるしか無い」等の悲観的な考え方は避けること。
「将来のために貯金◯◯円を貯め込む」「手に入れたかったものを購入する」
「資格をゲットする」のように、仕事をする目的を
わかりやすくさせるのが、上手くいくと思います。

【情報の面】

自己分析をして、自分にはどういった会社や仕事がピッタリかをはっきりさせたり、
会社の比較検討をして会社の事業内容や特徴、将来の見通しを知ったりすることが重要。

さらに、自己分析の結果と会社比較検討の結果を照らし合わせて、
自分自身に適した会社を見つけること、どういった点が自分の強みなのかを
ハッキリさせること、どういう理由でその会社を選んだのかを
キチンと答えられるようにしておくのも重要です。

お構い無しに応募しても、上記で述べたような準備が整っていないと
採用にはつながらない可能性も。
「ニートから脱出する」という強いハートとしっかりした準備が、
就職を成功させるカギだと言えます。

 

ニートから社会復帰できた実例

「ニートから社会復帰しえた人なんて本当に存在するの?」と思ってしませんか。
ニートから正社員に就職できるはずがないと思っていても、
現実として社会復帰できているニートの方は多いです。
実際にニートから社会復帰できた実例を知ってもらうため、ご紹介します。

実例1:うつ病から就職

うつ病から社会復帰された人についてご紹介します。

高等学校を卒業後、30歳直前まで、うつ病でず~っとニートをされていましたが、
就労支援施設からの紹介により、障碍者枠で契約社員として採用された人がいました。

正社員になれるかどうかは、これからの本人の努力次第ですが、
欠勤もなくこのままいったら、正社員登用されることも考えられます。

就労支援施設からのプレッシャーと法定雇用率の問題で採用した面もありますけど、
とても本人が努力してくれているので、道がひらけたというケースでした。

実例2:31歳で就職できたニートの方

31歳まで全く会社勤めしていないニートの人を雇用したことがあります。
就職したいと思ったわけは、親が定年を迎えられたということが原因でした。

就職について、意気込みがとても高くて、セールスマンとして
正社員として就職して営業のトップになり、会社に貢献することで、
今後は社会人として認められたいという意欲も感じられたことが理由で、
採用に至ったのです。

発端は親の仕事の定年退職というニートの方は多いですが、
その中でも社会復帰してから、前向きなトライをしようと
感じられたことが理由で、採用されています。

実例3:20代ニートから自動車製造メーカー

20代のニートだった人でしたが、期間工の求人情報に応募されました。
初めの雇用段階では期間工ということで、
面接試験時には特にスキルを問われての採用ではなかったです。

けれど、採用した後に現場での評価を高めました。
大卒であり、とても頭の回転の速い人で、複雑な仕事も先立ってこなしていたことから、
係長からの評価が非常に高く、正社員登用されました。

スタート時は期間工だったとしても、ちゃんと現場で評価されていれば、
正社員登用されるという良いサンプルであったといえます。

 

 

ニートが正社員になりやすい求人の特徴

「ニートに正社員は困難」というのは、あくまでもイメージで、
はっきり言って、ニートから就職を成功させている方は沢山います。
就職を成功させるカギの1つに、「採用されやすい求人をターゲットにする」というのがあります。
ニートから採用されやすい求人には、どういった特徴があるのでしょうか。

【未経験歓迎の求人案件】

ニートの中には就職経験があまりいなかったり、これっぽっちもなかったりする人が多いので、
未経験者歓迎の求人案件を探すのがカギ。

未経験者歓迎と謳っているということは、会社内の教育制度や研修体制が
出来上がっていると捉えることができます。
未経験者を採用して、しっかり成長させる環境がある会社だったら、
キャリアやスキルに自信が持てないニートの人でも採用されやすいです。

【学歴不問の求人案件】

中には有名大学等を卒業した「高学歴ニート」と言われる方もいますが、
ニートの人の学歴は、中卒から大学院卒まで広い範囲にわたります。
特定の学歴を求められるケースは、それ相応の能力も要求されるので、
働くことに対して不安があるケースは、学歴不問の求人案件を選ぶのがいいです。

【人材不足の求人案件】

人材が不足している求人案件を選ぶのもポイントです。

ここ数年、人手不足と言われているのは、介護福祉や運輸輸送、ITといった業界。
仕事が多いのにも関わらず、就職応募者が少ないため、
仕事に対するヤル気があれば、学歴やスキルは重要視されることなく、採用されやすいです。

したいと思う職業やどうしてもやりたい事がない人は、
上記で述べたような採用されやすい業界・求人を選んで就職活動してみるのも良いです。

不安な時は転職エージェントを利用しよう

就職のための情報を集める等、準備をする上で、
「正社員として働きたいが、何から始めればいいか分からない」
「自分の年齢や経歴に不安を感じている」
「やりたい仕事、向いている仕事が分からない」
・・・という風に、と心配になるニートは多いと思います。

しっかりと就職できるか心細いときは、
一人きりで悩まずに、転職エージェントを利用するのも良いです。

身近なところではご両親や兄弟といった親族ですが、
ニートの人の中にはご家族と話しにくい方もいることと思います。

近くに相談できる人物が存在しなかったり、
就職活動を進める中で分からないことがあったりする時は、
「就職エージェント」を活用してみては、どうでしょうか?

就職エージェントには、業界や仕事事情に精通している就職活動のプロが在籍。
仕事や就職に関するアドバイスは等もしてもらえます。

転職エージェントのオススメは「ジェイック」

ジェイックは、既卒、第二新卒、大学中退、フリーター、ニートの就職支援を

無料で提供しています。
ブラック企業を徹底的に除外していて、厳しい審査基準を基に、
ジェイックのスタッフが何度も訪問し、安心して働ける会社か、確認しています。
厚生労働省から「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者としても認定されています。

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。
72項目に及ぶ国の審査基準に合格。

『就職講座×面接会』を全国各地で開催していて、
未経験から正社員での就職成功率は81.1%です。

■対象者
・18歳〜39歳までの既卒者、第二新卒者、中退者(高校中退不可)
・フリーター、契約社員、派遣社員といった非正規での就業経験のみの方
・正社員経験3年未満の方

■ジェイックの実績
・就職成功率81.1%
・採用サービス利用企業数5,950社
・入社後定着率91.3%(2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率)

■応募可能エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡

仮に、今すぐ転職を考えていなくても、登録へしておいた方が良いです。
その理由は、今の仕事のストレス、疲労が限界に達すると、
転職エージェントに登録する気力すら、無くなるからです。

ジェイックに登録すれば、あなたに合った新規求人や転職可能な
おすすめ求人情報をチェック出来るので、今は転職しなくても登録しておくべき。

気になる求人情報をチェックしておくだけでも、
「転職」という選択肢が出来て、過労で倒れる前に、転職を出来るようになります。

ニートの派遣への登録方法とオススメ派遣会社

ここまで、ニートのj人が正社員になる方法を紹介してきました。
しかし、いきなり正社員になるのは、プレッシャーが大きいので、
とりあえず、派遣社員として、働きたいという方もいると思います。

そこで、ここからは、ニートから派遣社員として働く方法をご紹介します。
現在ニートの人は派遣会社へ登録をしておいて損はないです。

派遣では、スキル・経験不問の求人案件も多数扱っているので、
職務履歴がない人や空白期間が長い人でも仕事を紹介してもらえるからです。
それから、今お金がなく困っている方の場合、
給料前払い制度を行っている派遣会社を利用するという方法もあります。

 

ニートでも派遣会社に登録できる

「ニートの期間が長いけど派遣会社に登録できるのかな?」

と不安に感じている方も多いと思います。

ズバリ言うと、現在ニートでも、簡単に派遣会社に登録できます。
その理由は、経験やスキル等に関係なく、登録か可能な派遣会社がほとんどだからです。

ニートから派遣社員になった60人に「何社の派遣会社に登録したか」
のアンケート調査を行いました。

 

表を見ると分かりますが、半数以上の方が2つ以上の派遣会社に登録しています。
つまり、ニートであっても派遣会社に断られることなく、
何社でも登録か可能なことがわかりますよね。

ただし、中には派遣会社に登録できなかったといったニートの方もいます。
それは、登録する時にスキルや経験を最優先にいる
派遣会社もわずかですがあるからですね。

登録のできない派遣会社があっても、他の派遣会社では登録か可能なことの方
が大半なので、落ち込むことなく次に行くようにしましょう。

派遣会社によっては、来社することなくウェブ上で本登録まで可能なところもあります。
登録できるか気になる人は、ウェブ登録できる派遣会社に登録するのがおすすめです。

ニートから派遣社員になった人の面接に行った平均回数は2回

「面接まで行ったのに受からなかった・・・」

派遣先と面接まで行くと、採用される可能性は高いと言われていますが、
採用されなかったという方もいます。
その理由としては、「申し込み者が多数いた」「面談の印象が悪かった」などがあります。 

この度、ニートから派遣社員になった60人に
「面接に足を運んだ回数」のアンケート調査を行いました。

表を見ると、1回の面接で採用される人が半数近くいる一方で、
2社以上足を運んだ人も同じように半分を占めています。

わかりやすく説明すると、面接に足を運んだ半分の人が
「落ちた」経験があるわけですね。
5社以上面接に足を運んだという人も複数いたことから、
面接に足を運んだ平均回数は約2回という結果となりました。

採用されなくても「面接に行っても落ちることがある」と捉え、
それほど落ち込まないようにしましょう。

ただ、そうは言っても
「何度も面接に行くのは面倒臭いから、1回目で採用されたい」
と考える方も多いと思います。

次章ではに、ニートの人が面接に行く際の重要なポイントについてご案内します。

「空白期間」について聞かれたら正直に答えよう

ニートだった人にとって、仕事をしていない空白期間について
聞かれることがコンプレックスになっている人も多いと思います。

ニートの期間が長い人ほど「空白期間に何をしていたのか?」を質問される確率は高いです。
これは、派遣先企業の採用係から「採用してもすぐに辞めるのでは?」と判断されやすいからですね。

単刀直入に言うと、空白期間のことを聞かれた場合には、正直に答えましょう
そのワケは、採用係は質問に対して嘘をつかず、正直に答えているかを最優先にいるからなんです。

ここで、良い印象を持ってもらおうと考えて、ついつい嘘をつきたくなる方も多いと思います。

例を挙げると、

  • 本当はしていないのに「資格を取るために勉強をしていた」と、うっかり言ってしまった
  • 空白期間を隠そうと「アルバイトをしていた」と言った

などです。

嘘がバレなきゃいい、と思う人もいると思いますが、バレる確率は高いです。
派遣先の採用係というのは、過去にも沢山の人を見てきています。

あなたの言動に疑問を感じたら場合、回答に対しての質問を深堀りされることでボロが出てしまいます。

ニートの空白期間に特に何もしていなかった人は、

  • 「休む期間だと考えてリフレッシュしていた」
  • 「やりたい仕事がなかった」
  • 「働く気になれなかった」

等、正直な気持ちを伝えましょう。
正直に言うと、悪い印象与え、マイナスになってしまうのでは、
と心配になるかもしれませんが、嘘がバレるのと比べると、よっぽどダメージは少ないです。

上記のように正直に回答した後に、
「しかし御社の求人情報を見てぜひ仕事がしたいと思った」
と続ければ、志望動機にもなりますよ。

面接の身だしなみは整えていこう

面接に向かう時は、服装、髪型等、身だしなみを整えていくことが重要です。
ニートだった人は仕事をしているときよりも家の外へ出る機会が減るので、

自分の服装や髪型に無頓着になりがちだからです。

「寝癖がついたまま、一日中スウェットやジャージ姿でいた」なんていうこともあると思います。
自分が思っている以上に、身だしなみには意識することに注意しましょう。

ニートでも派遣社員になりやすい職種

ニートだったとしても受かりやすい職種が存在します。
その理由は、空白期間の有無がほとんど影響せずに、派遣社員になれる仕事があるためです。
そこで、ニートからどんな職種の派遣社員になったのか、60人にアンケート調査を行いました。

職種 人数
事務 21人
工場 17人
コールセンター 4人
販売員 3人
製造
受付

 

2人

接客
運送
イベント会社

 

 

1人

システムエンジニア
ライター
医療技術
研究センター
清掃

 

アンケートの結果では、ニートの人が派遣社員になりやすい職種は
下記の2つが多いと分かりますね。

・工場の仕事
・事務の仕事

では、どうして、工場と事務系の職種が受かりやすいのか解説していこうと思います。

資格・スキル無しで出来る工場の仕事

ニートが派遣社員として仕事をするのに、イチオシの職種は工場の仕事です。
その理由は、特別な資格やスキルは要らなくて、
単純な作業が多いので、職歴がなくても仕事ができるからです。

それから、工場は人手不足の職種だという部分も採用されやすい理由になっています。
ニートだった期間が長いと、他人とどうコミュニケーションを
取れば良いかわからない方もいるかと思いますが、
工場の場合、黙々と作業できる仕事内容も多いために、他人と接するのが不得意な人にも良いと思います。
例を挙げると、「ライン作業」「検品」「軽作業」などがあります。

求人数の多い事務の仕事

ニートの人が派遣社員になるのに、良いのは事務系の仕事です。
その理由は、事務系の仕事は求人の数が多く、
ある程度のスキルがあれば、ニートでも仕事に就けるからです。

その上、事務の仕事は派遣社員に頼っている企業が増えてきていることも理由の一つです。
事務の仕事には次に挙げるような職種があります。

  • 一般事務
  • 営業事務
  • 貿易事務
  • 経理事務
  • 医療事務

ただ、事務系の派遣社員を目指すなら、パソコン操作や電話対応ができることが不可欠です。
それから、経理事務だったら簿記の資格を
保有していることが採用条件となっているのが多いです。

人気の高い職種のため、申し込み者が多いと空白期間のある分、
採用されない可能性も高くなるものの、
アンケート調査によれば、事務職の派遣社員になっている方が最も多いことからも、
ニートでも採用されやすい職種だということですね。

ニートにオススメの派遣会社

工場求人ナビ

ここまで、ニートが採用されやすい職種に、工場の仕事を挙げました。
そこで、おすすめしたい派遣会社が、「工場求人ナビ」です。

工場求人ナビは、工場の求人情報に特化した求人サイトで、
運営会社の日総工産は、製造系人材サービスを提供して、
45年以上の実績を持っています。

全国各地に拠点があり、地方都市でも多くの求人情報を持っています。

緻密な作業やチームを組んで進める仕事も
沢山保有しているため、体力に自信のないニートの人や女の人も仕事を選べます。
優良企業とも強いパイプがあり、個人応募では、
簡単には採用されない大手メーカーでの就業も可能です。

工場求人ナビでは、従業員が働きやすいように設けられた制度が完備されています。

幅広い年齢層に対応

工場求人ナビは、20代から50代まで幅広い年代に対応してます。
もちろん、未経験者も大丈夫です。

また、工場の仕事と言うものの、仕事内容は千差万別です。
工場求人ナビでは、採用コーディネーターが
あなたに合った仕事を紹介してくれるので、長期に亘る就業が可能です。
入社後もサポートスタッフが現場にいてくれるので、不安がありません。

入社祝い金制度

工場求人ナビには、入社祝い金が貰える求人案件もあり、
特別ボーナスとして心嬉しい制度です。

寮制度

工場求人ナビは、寮完備の求人案件も多数あります。
寮には生活に必要なテレビ・冷蔵庫等は、あらかじめ完備されてます。

工場求人ナビで働く約半数の人が寮制度を利用していて、
敷金・礼金不要で初期費用も抑えられるので、初めての一人暮らしでもスムーズにスタートできます。

給与前渡し制度

工場求人ナビでは、勤務した分の給与を給料日より前に、一部もらえる制度があります。
お金が必要なタイミングに合わせて、お給料がもらえるので、
予定外の出費があっても大丈夫です。

・・・登録後に紹介してもらえる非公開求人もあるので、まずは登録相談会に行ってみましょう!

「工場求人ナビ」の公式サイト

 

工場求人ナビの登録の流れ
  1. 工場求人ナビで興味がある求人情報を検索
  2. web登録ボタンから登録
  3. 登録相談会へ参加
  4. 求人の紹介
  5. 職場見学・内定
  6. 就業決定

    興味がある求人情報がなかった場合は、登録相談会からの参加も出来ます。
    そんな時は、登録会場検索からお近くの会場を選択し、予約してください。
    最短で紹介から、1週間くらいでスタートできる仕事もあります。

    工場求人ナビを有効活用して、理想の働き方を手に入れましょう。

    「工場求人ナビ」の公式サイト

     

    最後に

    ニートであっても派遣社員になれることがわかりましたね。
    これを読んでいるあなたが、少しでも早くニートを脱出できるように応援しています!

    コメントを残す