高校中退だから希望した会社に受かる確信が持てない。
高校中退は面接でも軽蔑される

そんな話を聞いたことがある高校中退者もいると思われます。
実際、求人票の応募資格には学歴についての条件が載っているケースもあります。
高校中退を経験した人は、大卒・大学中退・高卒の方と比べ、
本当に正社員での就職は難しくなるか。企業の本音を調査してみました。

この記事のまとめ

高校中退者の就職活動には次の問題があげられます。

  • 職種が限定される
  • 面接で学歴に関して問われることもある

高校中退だとしても、正社員になれないことはないです。
学歴不問の求人案件を探したり、応募可能な職種を探してから、
正社員への道を目指したり
と、正社員として就職するやり方はいっぱいあります。

それから転職エージェントのように、転職を支援してくれるところを
探すことも効果的なやり方と言えます。

高校中退でも正社員の就職ができる?

高校中退でフリーターをしている方はかなりいます。
就職や転職について、高校中退というのは、どう思われているのでしょうか。

就職市場での中卒者の状況

高校を中退した方はそれ以後どういるのでしょうか。
内閣府のHPには、「高等学校中退者の意識に関する調査」の結果が記載されています。

それのよれば、現時点で仕事をしていると答えた方が56.2%、
これ以外に30.8%が在学中という結果でした。
またそんな中で、13.6%が現在就職を探しているという答えだったのです。
さらに就職を探している方の77.2%がフリーター・パートタイマー等で、
正社員は17.1%にとどまります。

仕事をしている方の割合は多くはありませんが、就職市場における中卒者の現状は、
ハッキリ条件が良いとは言えない現実があります。

高校中退のフリーターは正社員での就職が不利?

高校中退のフリーター・ ニートでは、学生でも社会人でもない期間が出てきます。
この履歴書の空白期間をどう過ごしていたかは、面接でも問われるケースがあります。
何もしていなかった、単に遊んでいただけだと捉えられてしまったら、
面接試験でも不利になりかねないでしょう。

やはり学歴は重要?高校中退に対して採用者の本音

求人案件によって高卒以上の学歴が要求される場合もあり、
高校中退だと応募そのものが不可能なことがあります。
どうしたって、学歴はその方について回る要素の一つになってしまいます。
採用をおこなう人事係の本音はどうなのか。
人事係からすると、高校中退者に対して次のようなイメージを感じてしまうことが多いです。

  • 長期に亘り同じ仕事を継続できるか気掛かりである
  • 何か嫌なことがあったら、すぐに辞めてしまうんじゃないか

とりわけ正社員は、即戦力となるまでに、福利厚生や研修といった経費がかかります。
すぐに辞められてしまえば、人材育成にかかった経費も無駄に終わってしまいます。
長期間雇用を前提とした正社員採用では
長期に亘って働き続けられるか心細い人材は雇用したくない
というのも本音としてあるそうです。

高校中退から人生逆転を狙う

高校中退だったら正社員に就職しにくい現状があるんですが
100パーセント正社員になれないわけではないです
高校中退から正社員採用を勝ち取るには、次の3つの方法があるのです 

正社員になる3つの方法

  1. 高校中退でもできる仕事に応募する
  2. 資格の学習をする
  3. 面接の最初に受けた印象を良くする

3つの方法について細かくチェックしていきたいと思います。

 

高校中退でもできる仕事に応募する

中には、高校中退でも就業しやすい仕事もあります。
男の人だったら体力重視の職種、土木業等の仕事に就く人が多いみたいです。

女の人だったら、スーパーや飲食業に学歴不問の求人案件が沢山見られます。
こういった仕事に応募して、職務履歴をつけてから
正社員に転職するというやり方もあります。

資格の学習をする

職種によっては、資格があったら学歴は重要でないものもあります。
高校中退でも専門学校に通うなどして取得できる資格には、
クリーニング師やネイリスト技能検定試験、調理師、ベビーシッター等が存在します。
それから大型免許をゲットしてトラックのドライバーになるという選択肢もあります。

面接の最初に受けた印象を良くする

書類選考さえパスしたら、高校中退者でも他の応募者と
同じスタートラインにつくことが可能です。
次の面接試験で重視されるのが最初の印象になります。

印象が良かったら、高校中退でも正社員のポストに就くことは出来ます。
高校や大学では、就職担当が面接試験のテクニックをアドバイスしてもらえますが、
高校中退者は就職指導を受けたことがない方も多いです。

面接対応に不安な方は、面接対策や履歴書の添削を
してくれる人の手を借りる方が良いと思います。

【ハローワークはNG】就職するなら転職エージェントを活用

高校中退で正社員を志す方の中には、どういった行動を取れば
うまく行くか、まるで分からない方もいると思います。
そういった方に知っていただきたいのが、転職エージェントの存在なんです。
転職エージェントの活用する方法の流れを紹介します。

転職エージェントの活用方法

転職エージェントというのは、人材育成や就職支援をサービス
として専門に提供する企業のことです。
就職と言ったら何よりも先ず「ハローワーク」に出向くものだと思っていませんか?
けれど、ハローワークで手に入る求人情報は、
あまり良いとは言えないのが現在の状況なのです。

世の中には仕事を求めて就職活動をする求職者がいる一方で、
人材が足らずに求人情報を出している企業が存在します。
双方のニーズを汲み取ってマッチングさせるのが、転職エージェントの使命です。

それから就職を探す方の中には、就職活動の方法に不安がある、
具体的にはどんな資格の取得が、有利になるのかさっぱり分からないといった方もいます。
転職エージェントは、そんな方のアドバイザーとして就職支援をしています。

利用の流れ

転職エージェントは、概ね次の流れでサポートをしてくれることになります。

就職サポートの流れ

  1. 転職エージェントの登録
  2. アドバイザーと面談
  3. 求人案件の紹介

登録段階で学歴や職務履歴、希望の待遇等を入力して、
それを元に面談でヒアリングや助言をしてもらえます。
それから、必要があれば、履歴書の添削や面接の訓練を反復して、
就職するまでサポートしてもらえます。
さらにどういった仕事が向いているかお手上げ状態だ
将来が心配という悩みにもプロの立場からサポートや助言をしてくれます。

就職活動時に活用できるエージェント

就職活動時に活用できるエージェントは、検索したら数多く見つけることが可能です。
このページでは、その中でも20代の若年層に強い
また高校中退者の就職活動に特化した転職エージェントを2社紹介します。

リフレッシュ転職

中卒・高卒や未経験者を積極採用している会社の求人を豊富に扱っている転職エージェントです。
学歴不問の求人が多く、若さややる気を武器に就職を
目指したいという人をフルサポートしています。

未経験歓迎、学歴不問の求人を多数保有しているため、アルバイト経験しかなくて、
中卒・高卒でも正社員になることは可能です。

また、弁護士と連携しているため、労働問題も転職先を探しながら解決してもらえます。
転職した時には、特典として5万円プレゼント                 

ネオキャリア

ネオキャリアの提携企業は、約1万社にのぼります。 ネオキャリアの担当エージェントは、求人を出している会社に、 直に足を運んで、継続的に情報交換をしています。 なので、求人企業が出してくる数字上の情報だけでなく、 「実際の残業時間」「有給消化率」「現場の雰囲気」「人間関係」等も 分かった上で、求人案内してもらえます。

 

まとめ

高校中退者は就職活動する上で、学歴がウイークポイントとなることもあります。

けれども、学歴不問で採用している企業もたくさんあって、
中退理由に問題なければ面接試験でも否定的にならないこともあります。
高校中退だからと就職を気後れするのではなく、
まずはあなた自身にの強みや、売り込める決め手を考えてみたらいいと思います。

それから、第三者から見たあなた自身の強みを把握するためには、
転職エージェントを活用することも考えましょう。