転職エージェントというものを知っていますか?
転職エージェントを使えば本当に転職がうまくできるのか?、
転職エージェントを使った場合にお金はかかるのか?、
障害者でも転職エージェントの活用は出来るのか?等、
色々な疑問をお持ちの人もかなりいると思います。

転職エージェントというのは、わかりやすく説明すると転職したい人と
採用したい会社とをマッチングさせるサービスを提供してくれる業者を意味します。
その転職エージェントの中には、障害者雇用専門のものも存在して、
もちろん障害を持ちつつ働き、転職を考えている方も使うことが出来ます。
このページでは、障害者雇用における転職エージェントの役割や
その長所と短所ついて細かくご説明していこうと思います

転職エージェントとは

出だしで説明した通り、転職エージェントというのは、
転職希望者と中途採用をしたい会社をマッチングしてくれるサービスを
提供する業者を意味しますが、転職エージェントの仕事はそれだけではないのです。

転職エージェントに登録をすると、ほとんどのケースで専属の
アドバイザーが求職の受付から転職まで
全ての場面においてフォローアップをしてくれます。

提供してくれるサービスは、求職者の技術や要望にフィットした
会社の紹介は言うまでもなく、他にも勤務開始の日時や
求職者自身ではしにくい給与面の交渉等も、求職者を代行してやってくれます。

それから、会社側に提出する書類の添削や、
模擬面接等のアドバイスをもらうこともできます。

加えて転職エージェントは、中途採用を検討中の会社が
人材に求めるスキルや人物像、経験や給料等の条件も把握しているので、
転職希望者と会社側の希望がフィットした人物と
会社のマッチングをすることができるのです。

こんなふうに転職希望者と、中途採用を希望している会社と
のマッチングをすることで、この両者が何回もムダな面接したり、
何回も必要な書類を作成したりする手間がなくなったりします。

それから、採用が決定してからお互い意図していた人材ではない、
または会社ではないといったミスマッチを防止することも出来ます。

こんなふうに転職を希望している方と、中途採用を希望している
会社の仲介をしてくれるのが、転職エージェントです。

障害者雇用における転職エージェント

転職サイトの中には、障害者雇用だけに限定したものも存在します。
大体の転職エージェントは健常者を対象としていて、
求人情報も一般採用枠です。 一般の転職エージェントを活用して、
一般枠で採用されたとしても、自己申告しない限りは障害のことに触れることなく、
採用手続きが進むおそれがあり、転職後に障害配慮に関する行き違いから

職場に上手くなじめないと言ったトラブルが生じる可能性もあります。
そういった状況に陥ることを防止するためにも、自分の障害を明らかにして、
転職活動ができる障害者雇用を専門に扱っている
転職エージェントを活用することをオススメします。

障害者雇用専門の転職エージェントのメリット

障害者雇用専用の転職エージェントには色々なメリットがあります。
現在の法律では、会社の規模に応じて一定の人数の障害者を雇用する義務があるのです。
そして障害者を対象にした転職エージェントは、
どこの会社が障害者の雇用を希望しているかというデータを保持しているので、
障害者に対して障害のレベルに応じた転職先を紹介できるのです。

その職種や業界は広範囲に亘っており、
障害者でも自分の希望する会社・職種に転職することが出来ます。
それから、障害によっては会社側に考慮してもらわなければ、
仕事し続けることが難しいものもあります。

そういった配慮をしてもらえるかどうか、という会社の実態と
転職希望者の希望を把握した上で、転職希望者にマッチした会社を
紹介してもらえるので、ミスマッチがあまり無くなります。

また、アドバイザーは転職希望者の障害特性を理解した上で、
受け入れ態勢が整備されている会社だけを紹介してもらえるので、
仕事しやすい環境の会社に転職することも出来ます。

さらに、転職を希望する会社が決定したら、過去の実績から
その会社でこれまで行われてきた面接の傾向においての情報提供や、
書類作成の添削をしてもらうことも可能だというわけです。

それから、転職する場合に2カ所以上の会社を転職先としてリストアップし、
それぞれの会社へと送付する必要がありますが、
障害者雇用専門のエージェントを利用した場合には、
初めに一度提出するのみで良いので、労力を省くことが可能です。

この時提出する応募書類を添削してもらえるというところも
障害者雇用専門の転職エージェントを利用する場合の良いところです。
さらには、面接の日時、自分ではしにくい給料面やポストの
交渉等も代わりにやってもらえます。

何をおいても一番大きいメリットは、会社側がどれくらいの障害を想定して、
障害者雇用枠をもうけているか、ということを
障害者雇用専門のエージェントは熟知しているというところです。

例えば身体障害者であるケースだと、車いすの使用が出来ない
設備の建物を使用している会社だったら、今すぐに車いすを利用している
身体障害者の方を雇い入れるのは不可能です。

また、障害者の雇用実績がない会社でも、初めての障害者雇用で
不安がある会社もあれば、これから積極的に障害者雇用を推進したい、
という会社もあります。

こういった個別のデータも障害者雇用専門の転職エージェントは保持しています。
これによって、障害者雇用専門の転職エージェントは、
各自の障害状況に応じ、その人が仕事ができる環境が整った会社を紹介してくれます。

この部分が一般の転職エージェントとの大きく違うところとなります。

 

障害者雇用の転職エージェントのデメリット

障害者雇用専門の転職エージェントを利用した場合、
メリットだけじゃなくデメリットもあるのです。
一番のデメリットとは、地方の転職に弱いという所です。

障害者雇用の転職エージェントは、ほとんどのケースで
首都圏あるいは都心部はカバーしていますが、
これ以外の地方の転職先となる会社に及ぶまでカバーしているケースは、
かなり少ないのがというのが現実です。

地方在住の障害者が転職を希望するケースでは、
数少ない全国に拠点を持つ障害者雇用専門の転職エージェントを活用するか、
今後首都圏または都市部の場所へ引っ越しをする必要があります。

しかし、地方在住で首都圏あるいは都市部での転職を希望している場合には、
アドバイザーとの面談等をスカイプ等の通信手段を
駆使してやってくれる転職エージェントもあるので、
一度問い合わせてみた方が良いと思います。

また、障害者雇用専門に関わらず、転職エージェントは
転職を希望する側は無料でサービスを利用できます。
この理由は、会社に合う人材をマッチングし採用されれば、
会社側から紹介料が支払われるのが理由です。
そのため、早く採用者を出したいがために、結果的に転職希望者側の
意向に沿わない会社を紹介するエージェントも中にはあります。

この他にも、アドバイザーによって、手腕に大きく差が出るところも
転職エージェントのデメリットの一つと言ってもいいでしょう。

良いアドバイザーに付いてもらうことで、自分にぴったりの会社に
転職することができる可能性はかなり高くなりますけど、
逆に仕事に慣れていないアドバイザーに当たってしまったら、
転職先がなかなか決まらなかったり、希望している転職先に
転職できなかったりするケースもあります。

このため、一社の障害者雇用専門の転職エージェントに登録するのではなく、
2つ以上の障害者雇用専門の転職エージェントに登録し、
転職活動をするのも転職時のリスクを減らす意味で提案します。

 

実際に転職エージェントを利用するときの流れ

ここでは、障害者専門の転職エージェントである「ラルゴ」
利用の流れを見ていきたいと思います。
まず、最初に会員登録を行います。利用を希望する障害者専門の
転職エージェントにインターネットで登録を行います。

登録する内容は、「氏名」「年齢」「住所」「電話番号」「メールアドレス」
「障害の種類」「障害等級」「障害者手帳の有無」等になります。
ここに詳細な入力をすることで、転職先を紹介してもらいやすくなるので、
できるだけ詳細に記入をしてください。

この登録が完了すると、ラルゴの事務局より、メールか電話で連絡があります。
この時に、登録内容に関するヒアリングが行われる場合があります。

次にアドバイザーとの面談を行います。この面談の所要時間は1~2時間程度で、
アドバイザーとの一対一で行われます。
自分の障害に関してどの程度話していいのか等、デリケートな問題についても、
アドバイザーに相談してみることをおすすめします。

それから、入社後に最初に抱いていたその会社へのイメージとの
ズレを感じたり、困った点が出てきたとしても、アドバイザーに相談することが可能です。
安定して仕事し続けることができるように、入社後もアドバイザーのサポートは続きます。