結果に約束したプログラミングスクールとして、卒業エンジニアが
IT・ウェブ業界で結果を残していると評判になっているテックキャンプエンジニア転職。

ぶっちゃけ、未経験者から転職やフリーランス独立可能なの?といった
疑問を持っている方も多いと思います。

この記事では、テックキャンプのエンジニア転職と
プログラミング教養の2つのクラスとの違いから、
テックキャンプエンジニア転職の学習カリキュラム・進め方、料金、
全額返金保証等のサービスだけじゃなく、実際の講師にも話を聞いた内容を紹介します。

テックキャンプエンジニア転職とは?

テックキャンプエンジニア転職とは株式会社div(ディブ)が運営する、
未経験者からITエンジニアへの転職やフリーランス独立を志す
プログラミングスクールになります。

この頃では色んなプログラミングスクールが溢れ返っていますが、
テックキャンプエンジニア転職の前身となるテックキャンプは、
2014年10月よりサービスを開始している歴史のあるスクールで、
テックキャンプエンジニア転職も、2016年度6月に、
その当時の名前はテックエキスパートとして、どこよりも早く開校したスクールなんです。

下の動画は、株式会社divの社長でYoutuberという側面も持っている
マコなり社長とホリエモンとの現在のテックキャンプエンジニア転職や
プログラミング学習について熱情を持って話した映像です。
この動画を見ても、テックエキスパートの持ち味がしっかりと伝わってくると思います。

テックキャンプの2種類のコースの違い

テックキャンプでのプログラミング学習というのは、
プログラミング教養とエンジニア転職の2つのクラスで習得することができるのです。

まず、前者のプログラミング教養のクラスは、その名前が示す通り、
教養としてのプラミング勉強をするためのスクールになります。
このため、自分が興味のある言語等を選んで、月額定額で通う事ができるシステムになっています。
世界中でAIやIoTといった自働化が進んでるため、プログラムを駆使して何とかしたいとか、
多少なりともプログラミングを理解していないと駄目
といった人はテックキャンプの方がふさわしいです。

逆に、後者のエンジニア転職のクラスは、プログラミング教養とは違って、
徹底的に10週間びっちりと学習して、ITエンジニアとして転職をしたいとか、
フリーランスのエンジニアとして自立したいというような人が通うスクールになります。
こっちはIT業界への就職や転職、フリーエンジニアになるんだという方が通っています。
熱心度が高い受講生が集まるのは、どちらかといえばテックキャンプの
エンジニア転職のクラスになります。

テックキャンプエンジニア転職の学習カリキュラム

テックキャンプエンジニア転職に入学すると、まず初回サポートというのがあります。
初回サポートでは「エンジニアというのはどんな仕事なの?」
といった部分を現役のエンジニアが教えてくれます。

それ以降の学習カリキュラムは、HTML・CSSという静的な
フロントエンドプログラミング、Ruby on Railsを用いたウェブサイト開発
から習得をスタートして、ツイッターみたいなソーシャルネットワーキング
サービスを作成するためのコードの記入方法とか、JavaScriptのベーシックな部分、
AWSのサーバー構築等を勉強し、最終課題を個人で作成していくという流れとなります。

それから、学習と平行する感じで、転職活動のレクチャーや
フリーランスとしての注文の取り方もものにしていきます。

テックキャンプエンジニア転職で勉強する事によって、
色んなプログラミング言語、サーバーサイドの技術を自分のものにできますが、
次にマスターする特徴的なスキルの一部を紹介します。

>修得できるプログラミング言語・スキル
Ruby ・HTML/CSS ・オブジェクト指向 ・Ruby on Rails ・テスト駆動開発 ・Rspec Sass/Haml ・
JavaScript・ jQuery ・非同期通信 ・セキュリティ基礎 ・AWS・ サーバー構築 ・unicorn/nginx ・
API ・SQL/MySQL ・Git/GitHub ・アジャイル開発

転職希望者もフリーランス希望者も同じコース

テックキャンプエンジニア転職には、転職コースとフリーランスコースの
2つのコースが存在していましたが、今は、転職したい方も
フリーランスになりたい方も同じ1つのコースです。

どうしてかって言うと、転職するにしても、フリーランスになるにしても、
基礎的な学習内容に異なる点はなかったためだそうです。

このため、転職活動に欠かせない履歴書・職務経歴書の
記載法セミナーや面接試験等の対策レクチャー、エンジニアの色んな
役割についての業界セミナー、フリーランスに不可欠な注文の取り方に
関してのフォローアップは、ともに受けることが出来ます。

転職する予定だったけどフリーランス独立を目指したり、
フリーランスに憧れていたけど、転職もありかなと検討したり、
勉強を進めていく中において考えが変わる事もあるので、
あんまり考え方を狭めずに学んでいけるのは、すごく良いのではないでしょうか。

それに、職務経歴書の記入方法や面接試験の対策は、
フリーランスとして営業する時にあって、マイナスになることは、
ありませんので学んでおいた方が良いと思いますよ。

余談ですが、かつては存在した最初に入学する際の、
面談による選考審査は廃止されました。

テックキャンプエンジニア転職の強み

さて、テックキャンプエンジニア転職の強みやメリットに関して紹介します。

講師はテックキャンプの厳選な審査に合格した人

テックキャンプエンジニア転職でプログラミング指導をしてくれる講師は、
厳しい審査を合格し、テックキャンプのポリシーに共感した選び抜かれた講師陣なのです。

具体的に言うと、優良IT企業で仕事をする現役バリバリのエンジニアや、
テックキャンプを運営する株式会社divのエンジニアの面々が講師です。

スクールとオンラインの両方で週7日、1日11時間以上学び放題な学習環境があって、
不明点はすぐに質問してケリがつきますので、学習がストップするジレンマがないです。

ついでに言うと、、ハードルが高い講師試験を受けて、
講師として送り込まれるまでは次の段階を踏まなければならず、
かなりの狭き門です。

テックキャンプの講師になるまでの流れ

プログラミングスクールの老舗で実績も豊富


冒頭にも紹介しましたが、テックキャンプはプログラミングスクールの老舗なので、
転職やフリーランス独立した卒業生の実績もいっぱいあります。

それを実証するかのように、、20代から50代の148名をターゲットにして、
エンジニア養成プログラムを提供する10社をアンケート調査したら、

  • 即戦力まで技能向上出来る
  • 経験なしから希望の就職が出来る
  • フォロー体制が充実している

という3点において、NO.1。すなわち三冠に輝いているスクールでもあります。

自分でプロダクトを生み出し、手に職をつけられる

テックキャンプエンジニア転職は個人開発に重きを置いているので、
自分の手で、新規サービス・プロダクトを生み出す醍醐味を得られます。

それから、エンジニアの求人倍率は7倍以上あります。
このため、高い技術さえものにしてしまったら、
この先のキャリアに慌てることは、まあありません。

また、エンジニアとしての実績をアップさせていったら、
最新テクノロジーに携われたり、高い収入を得ることが可能です。

 

挫折させないサポート環境

ごく普通のプログラミングスクールだとしたら、
転職・独立の相談は可能だとしても、人生相談までは行っていないと思います。
テックキャンプエンジニア転職は、転職・独立に関しては、
キャリアアドバイザーがいる他に、ライフコーチという学習の進捗管理や
プログラミング以外の人生のキャリアサポートをしてくれる方々がいるのです。

ライフコーチは、スクールに来なくなってしまった受講生に
コンタクトをとって通い直してもらったり、仕事が忙しく学習に集中できなくて
苦悩している受講生の相談にのって、学習へのモチベーションを回復させてもらったり等、
講師やキャリアアドバイザーではフォロー仕切れないところまで、
手厚くフォローしていくのが役割になります。

ライフコーチの人に直に話を聞いたら、ライザップみたいに、
挫折者を出さず完全にやり切ってもらうため、
ありとあらゆる側面からサポートしている
と話してました。

この結果、一般的なプログラミングスクールでは、
学習完了率が5〜10パーセントという中、
テックキャンプエンジニア転職の学習完了率は、
96.4パーセントと他社のプログラミングスクールを遥かに上回る割合で卒業しています。 

卒業後3年間はキャリアサポートつき

テックキャンプエンジニア転職には、卒業後3年間のキャリアサポートがあるのです。
当然ですが、どこかの会社に就職したり、独立したりして
環境の変化があったとしてもサポートしてくれます。

本当に、2年過ぎた後に、キャリアサポートのお陰で、
年収が上がったケースもあるとのことです。

エンジニア転職できなければ全額返金保証つき

テックキャンプエンジニア転職は学習のクォリティと
サポートにプライドを持っているので、しっかりと学習を続けて卒業したけれど、
エンジニアとして転職できない時は、転職コースの受講料金を全額返金する
「転職保証」が付いています。

転職については、週ごとに開かれる就職セミナーで実際のエンジニアを
採用したい会社に1~3社、足を運んでいただき、
受講生と話ができる時間帯があります。
多い企業では、テックエキスパートから7名とっていると教えられました。

それから、CTOヒアリングという時間を設けて、
即戦力として貢献できるためには、どうすべきかというのを周期的にヒアリングをして、
学習カリキュラムが刷新されているので、自信を持っているのも分かりますね。

フリーランスが目標の方には案件獲得保証つき

フリーランスとして独立を志す方には、最初のお仕事案件を受注できるところまで、
サポートする案件獲得保証があります。
未経験者からエンジニアとして独立というのは、ハッキリ言って骨が折れます。
特に最初の案件を受注するところはことさら厳しいです。

そのため、初受注のところまでは、サポートしてもらえます。
これはdivだからこそ提供できる魅力ですね。

東京に3スクール、大阪・名古屋・福岡に各1スクール

テックキャンプエンジニア転職は関心度が高く、校舎も東京(渋谷)に3教室、
そして、大阪(なんば)・名古屋(栄)・福岡(中洲)に
それぞれ1教室ずつと、全国に6校のスクールがあります。
渋谷校は開校の場所という事もあって、2020年度1月現在で、73期生になるとのことです。

それから、大阪校や名古屋校も人が満杯に増えてきたため、
大阪校は心斎橋から難波に、名古屋校は名古屋駅から栄に引っ越し。
2019年度10月には成長著しい都市部である福岡にも新校舎が開校しました。
さらに、2020年度の5月半ばには、東京丸の内校も開講するようです。

新型コロナウィルスの感染拡大に備える改正特別措置法にもとづき、
緊急事態宣言が発令されたことを受けて、今はそれぞれのスクールの利用は
ストップされていて、オンラインで受けるスタイルとなります。

受講生の男女比と年齢比の割合

テックキャンプエンジニア転職の受講生は女性が13パーセント程度通われていたり、
年代に関しても、30代・40代・若い人だと10代の方といった幅広い年代が通っています。
よそのプログラミングスクールは20代のみが対象で、
その多くが男性だというプログラミングスクールも多い中、
テックエキスパートは多方面から学習したい方を受け入れていることが認識できます。

卒業生の就職先や転職先

テックキャンプエンジニア転職の卒業生の就職・転職先は、

  • 自社サービス運営会社:30〜40%
  • 受託開発の企業:30〜40%
  • SESの企業:20〜30%

に大きく色分けされます。
中でも、50名から300名くらいの企業で、自社サービスを企業向けに
提供している企業への就転職が多いとのことです。
SESの企業というのは、一度、ウェブ開発会社に就職・転職して在籍して、
クライアントとなる自社サービス等を束ねる現場に出向する形態となります。

ちなみに、就職・転職先の会社に関しては一般にも公表されており、
あなたも聞いたことがあるGMOグループ、NewsPicks、DMM.com、
エアークローゼット等、一部上場企業から、新進気鋭のベンチャー企業等多種多様です。

下に未経験からNewsPicsのエンジニアとして転職された卒業生の
インタビュー動画もあるので、参考にして下さい。

※動画では、旧名称のテックエキスパートとして出てきますが、
今のTECH::CAMPエンジニア転職のことです。
 
それから、IT業界未経験者だったら、会社名や業界内について見当がつかないと思います。
自社サービス運営の事業会社やSES等の説明は、テックエキスパートの業界セミナーで
細かく教えてもらえるので、ご安心ください。

卒業生の評判

この次は、テックキャンプエンジニア転職の卒業生が転職・就職した会社からの評判や感想を紹介します。
受講生・卒業生の口コミは公式サイトに公開されてるので、公式サイトを見てもらうとして・・・。

次のような評判や感想が就転職した企業からあったりします。

  • エネルギッシュに仕事をしてくれる
  • チャレンジ精神旺盛で熱心で、他のエンジニアが
    やりたがらない任務をしてくれる
  • 元営業マンのテックキャンプエンジニア卒業生は社内
    の営業員との仲介をしてくれ助けられている

結局のところ、転職・就職した会社から満足な評判や意見がないと、
受講生も集まらないので、そういう点でも、テックキャンプエンジニア転職へ
入学することは、安心できると思います。

テックキャンプエンジニア転職の受講料金

テックキャンプエンジニア転職の料金は、通学コースが598,000円(税抜)と、
他社のプログラミングスクールと比べて、そこそこお高いかなと思える料金になります。
価格が60万円近くもしてしまうのは、解説書や講師の他、ライフコーチ、
キャリアアドバイザー、セミナー運営等、きめ細かいサポートがあって、
学習環境も良いのが理由です。それを考えると、この料金というのは
かえってお得かもしれません。通学型のスクールは、
100万円くらい必要となるプログラミングスクールもあるぐらいです。

それに対し、オンラインや通信学習だったら、もっとお安く学べると思いますが、
ハートが強くないと結構継続できないものです・・・。
ついでに言うと、、テックキャンプエンジニア転職の
オンラインコースは498,000円(税抜)になります。

14日間の返金保証つき

勉強をスタートしてみて、もしも、エンジニアという道が自分には合わなそう、
期待外れだ等があったら、どんな理由でも14日間なら返金してくれますから、安心ですね。

 

まとめ


テックキャンプエンジニア転職がこれほどまでの確信と
実績を持っている理由が、理解いただけましたでしょうか。
とは言っても、経験したことがない分野にチャレンジするには
不安に感じる事もあると思います。

あれやこれやと、モヤモヤしている部分もあると思うので、
ぜひ一度、無料カウンセリングに足を運んでみて下さい。

日本初訴求