第二新卒のハローワークの就活

第二新卒の立場でで転職活動をするときに、選択の幅は転職エージェント
・求人サイト・ハローワーク・縁故採用等、方法はいくつも存在します。

その中においても元人事担当者である私が一番オススメしないのが、
ハローワークを使った転職活動なんです。
キツイ言い方にはなりますが、大卒の人材が利用するべき求人手段ではないです。
ハローワークを活用することで、あなたが転職活動を上手く行う
可能性はガクンと低くなるでしょう。

この記事では、あまりオススメされることのないハローワークの内情を交えつつも、
第二新卒のハローワークを介しての就活の実態をお伝えします。

理由①=ハローワークの職員は非正規雇用

元人事担当者の私がハローワークでの就活をオススメできない理由の一つが、
受付窓口の職員自体が非正規職員だという点です。
非正規雇用そのものが悪いわけではありませんが、対応に問題があるのです。

責任感が低い

ハローワークで受けてみたい企業があれば、まずは窓口のハローワークの職員に企業の求人票を渡し、
企業の人事担当者に連絡して面接試験を受けられます。

実は橋渡しをしてくれるハローワークの受付窓口の職員は、正規の公務員じゃありません。
非正規雇用の担当者で、一年ごとの契約更新の度に常時、
変わってしまうことは知っていますか?

このため責任感がそれほどない人が多く、どうしても評価に
値しないような仕事になりやすいというのが問題。
本当ならハローワークが、求人内容に責任感を持って調べる義務がありますが、
受ける会社が離職率の高いブラック企業だったとしても窓口では、それを教えてくれません。

教えてくれないというよりも、実際にはもっと別の理由があるのです。

企業の情報を何も知らないから

その理由というのは、ハローワークの職員たちは、会社の情報を何も持っていないから。
1年間でいなくなるので、そこに責任の持ちようがないのです。
というよりも、無料で求人できるため、とんでもなく沢山の会社が求人票を出すために、
精査している時間なんてない
のです。<

このため希望に合いそうな会社を機械的に割り出し、
求職者へ渡して取り次ぐ、といった流れ作業にならざるを得ません。

例をあげれば、転職エージェントだったら「この企業はあなたの希望に合わない」と
教えてくれるエージェントもいます。

転職サイトだったら、今は会社の評判をチェックでできる
仕様になっている転職サイトもありますよね。

友人・知人経由での採用だったら、求人の質を知るのはもっと簡単でしょう。
直に聞いて情報が得られますので。
しかしハローワークというのは、そのことが事実上不可能で、
当然ブラック企業の情報も把握は不可能です。
彼らの仕事は、受けたい会社がどんな会社なのかを把握する仕事ではないのです。

新卒採用の時とは違って、第二新卒では受けたい会社の情報が希薄で、
情報も自分で模索状態だと思います。
ハローワークを利用して転職活動をすると、情報がどうやっても狭くなってしまうから、
不利な状況下で転職活動をしなければなりません。
そういう理由で第二新卒でハローワークを利用するのは、
最も危険な方法だということを心に刻む必要があります。

やっぱり良い企業を相手にしている、転職エージェントや、
それなりに会社概要を調べあげている転職情報サイトを利用するのが理想的だと思います。

理由②=全国各地の求人を選べない

ハローワークには警察署や消防署と同じように管轄があります。
このことが求人検索をハローワークでするときには、大きなデメリットになります。

ハローワークインターネットサービスを使用したら、
家のパソコンから全国各地の求人情報を見れます。
なんですがハローワークの受付窓口にその情報を伝え、
求人票をハローワークで探して受けたい会社に連絡をとってもらう
というような二重の手間がかかることに。

せっかくのインターネットだというのに、そのアドバンテージを
活かしきれていないのが今の状況
なんです。
ハローワークでは管轄が決められているために、受付窓口では
管轄内の求人情報しか閲覧することができません。
他府県の情報を提供できないシステムなのです。

みすみす絶好のチャンスを手放してしまうことに、つながるケースもあるでしょう。

ネット求人サービスはあるけど活用しにくい

ハローワークインターネットサービスを使えば、
国内中の求人案件を受けられますが、受付窓口の職員の対応があまり良くはないはずです。
その理由はハローワークの職員には指導方針があって、
原則的には自分の管轄する区域の求人案件を受けてもらい、
地元企業のために貢献するのが目的のためです。

役所の管轄のため、地元の地域貢献が第一なので、県外への就職については
積極的にフォローアップが受けられないのが実態というところ。
第二新卒から就職活動をする際、この問題点もチャンスの芽を逃す原因となりやすいです。

理由③=劣悪な求人が潜んでいる

ハローワークは原則的にどのような会社の求人情報でも掲載しなければなりません。
このため劣悪な労働環境のブラック企業でも、断ることができないのです。
すなわち超ブラック企業も沢山混じっているということにお気をつけ下さい。

ブラック企業の求人を察知できない&拒否できない

ハローワークがおすすめできない一番大きい理由がここにあります。
求人案件の質がありとあらゆる採用媒体の間でも、
とくに玉石混交であるのがハローワーク
なんです。

あまりにも条件の悪い求人情報が多いために、平均的に見たら、
そこまで質のよいとはいえないような求人情報でも、
よく見えてしまう錯覚もあったりります。

最低賃金が当たり前で、1ヶ月の賃金30万円程度の求人案件を
ハローワークで見かけたら、年間休日数や一か月の勤務時間をチェックしてみてください。
一時間あたりの勤務する時間が、限界値であることに気づくはずです。

普通であれば、労働基準法に違反するような条件の求人情報は排除すべきですが、
役所という公共のサービスだから排除が難しいのが実態です。
ハローワークでは、公共性を重んずるために、
本来しておくべき求人票のチェック機能がないのです。

高校中退で正社員の面接に通る秘訣!これを読めば就職成功

 

元人事が断言!第二新卒にオススメできないハローワーク

ハローワークは、第二新卒から希望の仕事へ転職するのに推奨は不可能です。
相当条件の悪い中での求職となるので、良い条件の会社へ転職するためには、
相当厳しい活動となるはずです。

元人事担当者から判断して、ハローワークは第二新卒者の就活にオススメかどうか、
といった所について解説します。

無料だからとりあえず求人出すけど

ハローワークの求人は無料で掲載できるよ仕組みになってます。
ここが、ハローワークの求人の質が悪いガンの元でもあるのです。
そのためハローワークには、とりあえず求人を出しますが、
本命は転職エージェントか転職サイトになります。

お金をしっかりかけてでも良い人材を取りたい、と考えているため、
どうしてもハローワークの重要度は下がるもの。
よって会社の人事は、ハローワークから面接試験に来る転職希望者に
それほど期待をしていません。

 とくに年を取った人事部長や人事の役員クラスからは、
ハローワークルートの求職者は安心して任せられないと考えている人は多いもの。
理由は簡単なもので、雇用保険の失業給付を受けるために
応募している人が多いという理由です。

この失業給付金をゲットする目的だけに面接試験に来て、
テキトーな態度で面接試験を受ける求職者が山のようにいるのです。

現在は法律があり、面接試験をしないで求職者を不採用にすることは
できなくなっているので、かならず面接試験を行わなければいけないのです。
このため不真面目な求職者が多く、混じる恐れがあるため、
その中から良い人材を探し当てるのは、非効率ということなんです。

ハローワークにマイナスイメージがのある採用担当多いので、
採用までの道のりがものすごく厳しいことが分かります。
「タダほど怖いものはない」というのが、人事部でのハローワークの認識なんです。

人事部の最優先は転職エージェント経由の人材

お金をかけてまで取りたいと考えている人材と、
ハローワークで面接試験に来たいい加減な人材、どちらを優先するかは
ハッキリとしています。
お金をかけて採用した人材に対しては、面接試験の時点でしっかりと見極めますし、
会社はきっちりと育成したいと考えるものです。

単純にハローワークから来た人材に対しては、
どうしても疑り深さを抱いてしまうものなのです。
もちろんハローワークを通じて入社しても、活躍すれば見る目も違ってくるのですが、
採用を勝ち取るまでがハードルが高いということ。

そういうことなら初めから期待されて面接試験を受けらる、
転職エージェントで面接試験を受けたいものですよね。
つまり第二新卒からの転職では、はるかに転職エージェントをオススメします。

第二新卒の就活は転職エージェントの利用が不可欠

ハローワークでの転職活動は上手くいかないことは説明しましたけど、
他の転職媒体にも、おのおののデメリットがあるのです。

ハローワークに次いでお金のかからない知人の紹介を受けての縁故採用は、
まりに仕事が合わなくて、あるいは転職したくなった時に、
辞めにくいといったデメリットが避けて通れないもの。

転職サイトは玉石混交で、ライバルがとんでもなく多くなることが多いです。
たった1人しかない採用枠に30人以上の応募者がひしめき合うことも多いです。
転職サイトというのは、国内の至る所からライバルが
同じ求人情報めがけて応募してくるのです。求職者の質も面接試験までは分かりません。
求職者の質が一定していないということは、採用サイドの選考基準も変わります。

本来はこのレベルで採用すると決定していた一定のレベルに求職者がいても、
求職者の間にたった一人でもズバ抜けた人材が入っていたら、
その人にに採用枠を奪われてしまうでしょう。
ライバルが増えるほど選考基準が高くなり、
取れていたはずの内定も取れなくなってしまうのです。

まとめ

ハローワークのマイナス面を挙げさせてもらいましたが、
元人事担当者から見た『できるのならハローワーク以外を選んだの方が良いよ』
という意味が分かってもらえたのではないでしょうか。

限られた貴重な時間を無駄にしないように、
第二新卒専門の転職エージェントを利用して、転職を成功させましょう
第二新卒の方にオススメの転職エージェントは、
次の項目で詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

イチオシの転職エージェント

転職エージェントは数多ありますが、イチオシはネオキャリア
ネオキャリアの提携企業は、約1万社にものぼります。

ポイントとして、ネオキャリアの担当エージェントは、
求人を出している会社に、 直に足を運んで、継続的に情報交換をしています。
なので、求人企業が出してくる数字上の情報だけでなく、
「実際の残業時間」「有給消化率」「現場の雰囲気」「人間関係」等も
分かった上で、求人案内してもらえます。