退職してからスタートする転職活動じゃなく、「在職中の転職活動はてんてこ舞いで大変」
といったイメージをもっている方もいると思います。現職の仕事をしながら進めるので、
自由に活動できる時間が取りにくかったり、仕事の疲労で転職活動に
取り掛かる気力が湧かなかったりして、考えたように進められないのがもどかしい点です。

ところが、在職中だからこそ得られるメリットもいくつも存在します。
このページでは、在職中と退職後の転職活動が異なる所を承知のうえで、
在職中のメリットをできるだけ活かしながら、転職活動をする方法をご案内します。

会社側の印象の差

「まだ在職中だというのに転職活動に取り組んでいると、
応募先企業に与える印象が悪くなるかもしれない」という不安を抱えている方もいます。

しかし、転職は働き手の権利なんです。在職中に転職活動をスタートしても
何ら問題はありません。ところが、転職が決定したら責任を
持って後任者への引き継ぎをすることが欠かせません。

在職中か退職しているかで、応募先企業に与える印象の違いはあまりありません。
新しく就職するかもしれない応募先企業には、在職中であることや
現在の仕事の状況をはっきりと伝えたほうが良いでしょう。
例を挙げれば「自分が担当している事業計画がまもなく終了しますので、
入社日は区切りの良い○月○日からとしたいと思います」等、
いつから入社可能なのかを言った上で、最後まで責任を持って仕事に
取り組む姿勢を見せると、応募先企業にいい印象を与えられることが想定されます。

在職中に転職活動をするメリットとデメリット

在職中に転職活動をする場合と退職後からスタートする場合で、
どっちが有利ということはなく、まさしく一長一短と言えます。
こちらでは、在職中に転職活動をする場合のメリットとデメリットをご紹介しますので、
前もって押さえておいてください。

在職中に転職活動をするメリット

在職中に転職活動をする最大のメリットは、お金の面での不安がないことです。
転職活動では、面接試験のために企業を訪問する時の交通費等、
いろいろと費用が必要です。在職中においてはば収入が途切れないので、
考えたように理想の転職先が見つからなくても、
お金の面での不安を抱えることなく転職活動を続けられます。

在職中に新しい転職先が決まったら、職歴に空白期間が生じません。
会社の中には職歴に長期間の空白期間がある場合、
空白期間の理由を懸念する会社もあります。転職希望者自身も空白期間が長くなると、
スキルの低下や仕事をする感覚が鈍ることが心配になるかもしれません。
ところが、在職中に転職活動をしたら、そんな心配もないです。

それから、もしも、転職活動をしていて希望するような会社が見つからず、
この先のワークスタイルについて悩んだ場合は再検討することも可能です。
納得できるまで転職口を探せますし、満足な就職口が見つからなかった時は、
現職に残るという選択も出来ます。

在職中に転職活動をするデメリット

在職中の転職活動では、好きなように動ける時間が限定されます。
時間がないと企業研究や面接試験の下準備が不足気味になりがちです。
面接試験まで進めても、面接試験の日時を合わせにくいということもあります。
会社によっては平日以外や勤務時間外の面接試験に対応してくれるかも知れませんけど、
そこまで多くはないのが実情です。そのせいで、面接試験の時には有給を
使ったり早退したりして、対応する可能性が出てくることも
イメージしておいた方が良いです。

それから、応募先企業がすぐに就業可能な人材を求めているケースは、
希望に添えないことも考えられます。1~2カ月間位であったら
待ってくれる企業もたくさんありますが、現職の引き継ぎが終わらず、
入社日が決定しないケースは、「採用見送り」となるケースもあります。
こんな事態を避けるためにも、転職活動をスタートする時期については、
現在の仕事の状況を考えた上で判断するようにして下さい。

在職中に転職活動をする時のカギ

在職中の転職活動は時間や条件面で制限があるので、成功させるには工夫が必須です。
次に挙げる3つのポイントを押さえておいた方が良いです。

有休を活用する

1つ目は、在職中の会社の有給休暇を使うことです。転職を決心したら、
有休が何日残っているのかをチェックしておいてください。
応募先企業の面接試験が平日の日中に決まった時は、有休を使って合わせるようにします。
在職している会社の業務中に抜け出して面接試験を受けに出かけるのは、
就業規則の違反となるので、知られてしまった時に問題になるケースがあります。
面接日が決定したら、早めに有休を申請したほうが良いでしょう。

在職中の会社を気遣う

次に、在職中の会社への気遣いになります。転職が決定したら、
これまで就労していた会社には大なり小なり迷惑をかけることになります。
その迷惑を最低限度に抑えるために、応募先企業に伝える入社可能日は、
現職の引き継ぎ期間を配慮しましょう。
それから、転職が決定したら、残っている有休を使い果たしたいと思うかもしれません。
そういった時は、残された業務内容から考えて計画を立て、
上司に相談した上で、会社に迷惑が及ばないようにして休みましょう。

転職エージェントを利用する

最後は、転職エージェントや転職サイトの活用です。
希望に沿った求人案件を効率的に案内してもらえるだけでなく、
応募書類作成のフォローアップ等も受けることが出来ます。
転職希望者を数多く見て来た専属のアドバイザーから役立つアドバイスを得ることで、
書類選考や面接試験の合格率を上げることもできるでしょう。
それから、専属のアドバイザーが応募先企業との間に入って、
わずらわしい面接時間のすり合わせもしてくれます。
あわただしい在職中の転職希望者には強力な味方となると思います。