★ニートの社会復帰を大応援

ニートで派遣の面接に受からない?ここ登録すれば大丈夫

今後仕事をするのを考える上で、正社員よりも、派遣社員で働くことを
考えているニートもいると思います。

ズバリ言うと、現在ニート(無職)の方は、派遣会社へ登録をしておいて損はないです。
派遣では、スキル・経験不問の求人案件も多数扱っているので、
職務履歴がないニートやブランクが長い方でも仕事を紹介してもらえるからです。

それから、今お金がなく困っている方の場合、
給料前払い制度やっている派遣会社を利用するという方法もあります。

そこでこのページでは、、

  • ニート(無職)の人が、派遣会社へ登録する方法
  • 面接でr空白期間に何をしていたか聞かれたときの対策
  • ニートが登録するのにイチオシの派遣会社

を解説していきます。

この記事を完読頃には、ニート状態を抜け出す選択の一つとして、
「派遣会社への登録」も足されていることでしょう。

ニートでも派遣会社に登録できる

「ニート(無職)の期間が長いが派遣会社に登録できるのかな?」

と引っかかっている方も多いと思います。

ズバリ言うと、現在ニート(無職)であっても、問題なく派遣会社に登録可能です。
その理由は、経験やスキル等に関係なく、登録できる派遣会社がほとんどだからです。

 

ニートが面接に受かる必殺のコツ

これを読んでいるニートは、派遣会社に登録しても、その後の面接試験が通らなくて、

悩んでいるという人もいると思います。

面接で、「空白期間に何をしていたのか?」を聞かれたら、
正直に答えるのが受かるコツです。

ニートだった方にとって、会社勤めしていない空白期間について
聞かれることが不安な方も多いと思います。

仕方ないのですが、ニートの期間が長い方ほど
「空白期間に何をやっていたか?」を聞かれる可能性は高いです。
派遣先企業の人事担当者から「採用してもすぐに辞めるのでは?」と思われやすいからです。

この時の対策は、空白期間のことを聞かれたときには正直に答えた方が良いです。
その理由は、採用担当者は質問に対して、
嘘をつかず正直に返答しているかを最優先しているからなんです。

いい印象を持ってもらおうと考えて、ついウソをつきたくなる気持ちも分かります。
例を挙げれば、

  • 本当はしていないのに「資格を取る勉強をしてた」と、つい言ってしまった
  • 空白期間をごまかそうと「バイトして社会経験を積んでいた」と話した

などが挙げられます。

「ウソがバレなきゃいいんでしょ」と考える人もいると思いますが、
バレる確率は高いです。
派遣先の採用担当者は、これまでにも多くの人を見てきています。
あなたの態度や言動に疑問を感じた場合、回答に対しての質問を
深堀りされることでボロが出ます。
それに、さっきも書きましたが、面接官は、正直に答える人間性を見ているんです。
ニートの時に全く活動をしていなかった方は、

  • 「休養をとる期間だと思ってリフレッシュしていた」
  • 「したい仕事がわからなかったので考えていた」
  • 「働く気になれなかった」

等、嘘偽りのない気持ちを伝えたほうが良いでしょう。
悪い印象ついてマイナスになってしまうのでは・・・
と不安かもしれませんが、面接官は正直な人間性を評価するものなんです。

上記のように回答した後に、
「しかし御社の求人を見てぜひやっていきたいと思った」
と続ければ、志望動機にもなりますよ。

 

面接を受ける時の注意点

身だしなみは整えていこう

面接に向かうときは、服装、ヘアスタイルといった身だしなみを整えていくことが重要です。
「そんなの当たり前」だと感じますが、ニートだった方は、
仕事をしている時よりも外出する機会が減るため、
自分の服装やヘアスタイルに無頓着になりがちだからです。

「寝癖がついたまま、いつもスウェットやジャージ姿でいた」
などということもあると思います。
空白期間があることで、季節にマッチした服装や流行り廃りに疎くなってしまいます。
自分が考えている以上に、身だしなみには気を遣うようにしましょう。

コメントを残す